■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 川辺のナラヤン寺院と映画ロケ
カトマンズ 川辺のナラヤン寺院と映画ロケ 1

カトマンズ 川辺のナラヤン寺院と映画ロケ 2

寺院と映画ロケ 03

カトマンズ 川辺のナラヤン寺院と映画ロケ 4

カトマンズ 川辺のナラヤン寺院と映画ロケ 5

カトマンズ 川辺のナラヤン寺院と映画ロケ 6

カトマンズ 川辺のナラヤン寺院と映画ロケ 7

カトマンズ 川辺のナラヤン寺院と映画ロケ 8

 バグマティ川の上流探索を終え、自転車を押しながら、いつもの私の散策コースの
 一つであるラナ家独裁制時代に ラナ家によって建てられたナラヤン寺院の前まで
 帰ってきた。

 ラナ家独裁制時代に建てられた寺院に祭られているヒンズー教の神様は シバ神、
 そして、ナラヤン神(ビシュヌ神の化身)、あとは 数は多くないが ラーマ王、
 クリシュナ神などもいる。
 寺院の形も インドのものを模しているといった感じが強い。
 チェットリ・バウン族が重要視する神様と カトマンズ盆地土着の民族 ネワール族の
 重要視する神様は 異なる。

 ネワール族の場合は パルバティ(シバの奥さん)が重要な神様であり、バグワティ、
 バールクマリ、カーリーと名前を代え、いたるところにこの神様を祭った寺院がある。
 もう一人の重要な神様は シバとパルバティの子供であるガネーシャ信仰も根強い。
 他には シバ神の化身 破壊神 バイラブ神もカトマンズのネワール族の重要な神様で
 カトマンズの大きな祭り インドラ・ザットラでは 大きな役割を果たしている。

 この川辺のナラヤン寺院 ラナ家によって建てられたが 今から60年前のラナ家
 独裁制が終止符を打たれてから 荒廃していくばかりである。
 私がこの寺院の周辺が好きなのは 崩れ行くものの持つ美のようなものを感じるから
 である。

 前置きが長くなったが、このナラヤン寺院の外では ネパール映画のロケが行われて
 いた。
 邪魔にならないところに自転車を置き、その様子を眺めていると、その中のスタッフが
 私に話しかけてきて、この映画の監督は 日本人であるという。
 よくこんな場所を見つけたものだと感心した。
 日本人スタッフは 日本人監督と助手の二人のようだった。
 話を少し聞くと、ネワール族の女性作家によって書かれたラブストリーを映画化する
 とのことで、俳優はネワール族の俳優かと思ったら、タマン族のハンサムな30を半ば
 越えた俳優だった。
 この日のカットは ナラヤン寺院の前を悩ましげに歩く主人公の姿だった。

 このナラヤン寺院の人間模様を眺めにやってくる自分にとっては 映画のロケという
 せいか、なにやら場面にしっくりこないうそ臭いもののように見えた。

 異国に身を置いて生活するということは 自分が映画の中にいるような気持ちに
 なることも多い。
 カトマンズにいると 毎日毎日が 新鮮な発見の連続で飽きることがない。
 人々との会話、生き生きとたくましく生活するカトマンズ庶民、表情豊かな子供たち、
 どれをとっても 映画以上に心を動かすものが多い。
 こんな中にいると 映画など見ようという気にはならない。
 架空の映画の世界より、現実のカトマンズの人々の姿の方が はるかに映画的である。

 カトマンズ庶民やその子供たちが何を感じ、どんな思いの中で生活しているのか、
 民族やカーストの違いの中で生まれてくる生活感情、軋轢、貧富の格差、幸福のあり方、
 喜怒哀楽、そんなことを見つめ続けていると 飽きることはないカトマンズでの生活であるし、
 このバグマティ川の岸辺には 多くのドラマがあり、人々の多様な生き様がある。

 この世界は 映画以上に魅力的なものだし、視覚と聴覚だけを使う世界と違って、
 五感と第六感を使う世界であり、ざらざらとした手触りのある世界である。
 ラブストリーより この川辺に住む人々や朝夕の寺院、川辺の風景や人々の生活場所を 
 ドキュメント映画にするほうがはるかに感動的で面白いだろうと思いながら、
 この映画のロケ地を後にした。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




カトマンズ バグマティ川の辺にて | 02:23:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。