■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 旅の形
バンコク 旅の形 1

バンコク 旅の形 2

バンコク 旅の形 3

バンコク 旅の形 4

バンコク 旅の形 5

バンコク 旅の形 6

 バンコクを始めて訪れたのは 25年前の3月の終わりの暑い盛りだった。
 ネパールへ行く途中の1日のトタンジットで 一夜バンコクで過ごしただけだった。
 泊まる場所も空港で見つけたタクシー任せ、夜のバンコク案内もこのタクシー任せ、
 何が何やらわからぬまま、一夜が明け、翌日には ダッカへと向かった。
 タクシーの運転手の案内で 夜のバンコクを見物したのであるが、
 なんとも いかがわしい雰囲気のあふれた街であることに驚愕したものだった。

 私が再びバンコクを訪れるのは ネパールのカトマンズでの3年間の生活を終え、
 日本に帰国する途中に寄ったバンコクが 2度目のバンコク訪問で泊まったのは
 ジュライホテルだった。
 それ以来、インド、ネパールへ行く途中の行き帰りに寄っているから、バンコクの
 空港に降り立ったのは 百回以上になる。

 22年前に訪れたときは 初めてのバンコク訪問のときと違って、インド、ネパールの
 旅で 充分に旅の経験を積んでいたので あまり戸惑うこともなかった。
 やっとバンコクやタイをじっくり得る機会を得た。
 そんなときに 井上陽水の歌をよく聴いた。
 初期の井上陽水の曲が バンコクの持つ雰囲気に合っているようにも思えたし、
 その当時の自分の気持ちにも合っているように感じられたからだろう。

 井上陽水の曲の中にこんなものがある。
 アルバム 『陽水Ⅱ センチメンタル』の中に入っているものだ。

   冷たい部屋の世界地図
          
         作詞・作曲 井上陽水

  はるかなはるかな見知らぬ国へ
  一人で行く時は船の旅がいい
  波間にゆられてきらめく海へ
  誰かに似てるのは空の迷い雲
  潮風に吹かれて何も考えず遠くを見るだけ

  やさしさがこわれた海の色はたとえようもなく悲しい

  汽笛をならしてすれちがう船
  こんにちはの後はすぐにさようなら
  見わたすかぎりの地平線の
  かなたにあるだろう僕の行く国が
  とびかうカモメは陸が近いのを
  教えてくれる

  はるかなはるかな見知らぬ国へ
  ひとりでゆく時は船の旅がいい


  井上陽水  冷たい部屋の世界地図 
http://www.youtube.com/watch?v=w_A6eudpRo0

 旅の始まりは この歌のような形が理想的なのであろうが、こんな旅情を味わえる
 こんな旅の形は 戦前に 詩人 金子光晴が 中国、東南アジアを経て 巴里に向けて 
 船旅をした時代のもので 今 船旅をしたとしても 港に寄港する楽しみも 
 一昔前のものとは違ったものだろう。 

 外国への旅は 今では 飛行機が 当たり前で 旅の情報は日本を出る前に集める
 必要があるし、飛行機の中での渡航先の情報集めは難しい。
 同じ飛行機に乗っていても 全くの見知らぬ他人同士のままで、お互いに異国に旅に出て
 不安だろうから、助け合いましょうという気持ちはさらさらない。
 飛行機が空港に到着したらしたで 先を争うように入管に行き、大急ぎで預けた荷物を
 受け取り、タクシー乗り場を目指す。
 
 そして、街の中心部までの交通の確保に神経を使い、異国に着いたという
 実感が生まれてくるのは ホテルに荷を降ろし、一段落着いてからである。
 なんともあわただしい旅の形である。
 この殺風景な感じが 年々ひどくなり、『袖すり合うも他生の縁』『旅は道連れ』などと
 いう言葉は死語に等しくなっている。

 世の中が世知辛くなれば、旅の形も世知辛くなる。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 12:42:37 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
それでも、まだ旅には日常を離れることによる喜びや発見がありますよね。身辺が慌しく、旅に出ることが出来ないのが辛い毎日です。
2009-03-02 月 21:32:38 | URL | 西森憲司 [編集]
そうですね。
私にとって 異国への旅は 自分を確かめたり、自分発見の旅で
あったように思います。

青い鳥を探すように 自分の居場所を求めて彷徨するようなもの
だったような気がしています。

そんな場所などどこにもないのかもしれません。
それでも動かざるを得ない それが人間なのかもしれません。
2009-03-02 月 22:52:51 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。