■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 川辺のラーマ寺院と井戸
カトマンズ 川辺のラーマ寺院と井戸 1

カトマンズ 川辺のラーマ寺院と井戸 2

カトマンズ 川辺のラーマ寺院と井戸 3

カトマンズ 川辺のラーマ寺院と井戸 4

カトマンズ 川辺のラーマ寺院と井戸 5

カトマンズ 川辺のラーマ寺院と井戸 6

カトマンズ 川辺のラーマ寺院と井戸 7

カトマンズ 川辺のラーマ寺院と井戸 8

 今年のカトマンズの水不足は 例年になく、ひどい状態である。
 自宅を持たない間借り住まいのカトマンズ庶民たちは 洗濯、食事後の洗い物の
 水を求めて右往左往している。
 政府から供給される5日ごとの1時間の水道水の供給では 焼け石に水といった
 状況だ。
 その上、春から夏にかけての季節も変わり目に降る雨も降らず、いきなり季節は
 夏へと突入してしまった。

 降らない雨は 街のところどころにある救いの神であったドゥンゲ・ダーラ(マッラ
 王朝時代に造られた石造りの共同水場)にも大きく影響を与え、水の出ないドゥンゲ・
 ダーラも増えてきている。
 土地付の家を持つ金持ちたちは 井戸を掘り、地下水を汲み上げ、水不足に対応して
 いるが、貧しい庶民たちの間借り生活では そんなことも出来ない。
 水の手に入る場所では どこでも庶民たちの人だかりである。

 バグマティ川の岸辺に沿って散策していると 水の湧き出る場所を利用して、
 洗濯に精を出す人々の姿を見かけるのが カトマンズの風物詩と行っても良い。

 バグマティ川のカトマンズ側には 水の湧き出る井戸が少なく、あっても湧き出る水の量が
 少なく、狭い水場で 押し合うように洗濯している人たちを見かける。
 私はいつも顔を出す川辺の寺院 シバ寺院の近くに ラナ家が150年前に建てた
 インドの叙事詩 ラーマーヤナで有名なラーマ神を祭ったラーマ寺院がある。
 その先に広場があって、その広場のすぐ下の川べりに 小さな水場がある。
 朝から夕方まで 洗濯する人、水を汲みに来る人で絶えない水場だ。
 混みあうと 水場が空くまで 広場に座り込み 順番を待っている人も大勢いる。

 その広場には 水の出る二つの井戸があるが 錠がかけられており、
 水不足に苦しむ庶民には 解放されていない。
 この二つの井戸が この広場のすぐ近くにあるラーマ寺院のもので 
 寺院のためにしか使用が 許されていないのである。
 バグマティ川の岸辺には チェットリ・バウン族の支配体制を確立したサハ家、ラナ家 
 の建てた寺院、火葬場が多くある。
 特に寺院は 民衆のためにというより、自らの権力の誇示のために建てられ、
 民衆の信仰とは遠いものだった。

 ネワール族のマッラ王朝時代に建てられた寺院などは 今なお、カトマンズ庶民、
 特にネワール族の人々に支えられながら、生き続けている。
 寺院の造りも 誰でも入りやすく、近くにはドゥンゲ・ダーラと呼ばれる水場も
 造られ、寺院のすぐそばが 庶民の憩いの場にもなっている。

 ネワール族の信仰の形、すべての人々を受け入れるという姿勢が 寺院の姿にも
 現れているのに対して、王室寺院であったパシュパティナートを頂点したサハ家、
 ラナ家の建てた寺院は 信仰の純粋性を強調して、すべての民衆を受け入れるものでは
 なかった。

 その信仰の形、姿勢というものが 寺院の衰退にも大きく影響を与えている。
 サハ家、ラナ家の寺院を訪れてみても 王室寺院であったパシュパティナート寺院を
 除けば、ほとんど参拝者の姿がないというのが 現状である。
 こんなところにも チェットリ・バウン族による支配体制が 民衆とともにあったものでは
 なかったことが、証明されている。

 水不足で困っているカトマンズ庶民の姿を見ても 水の穢れを嫌って、井戸を
 解放しない信仰とは何か、チェットリ・バウン族の作り出した信仰とは 
 何であったのか、疑問も湧いてくるのである。
 どうもチェットリ・バウン族には 受容・寛容の精神に欠けるようである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ バグマティ川の辺にて | 01:17:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。