■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ バグマティ川辺の不思議な仕事
カトマンズ バグマティ川辺の不思議な仕事 1

カトマンズ バグマティ川辺の不思議な仕事 2

カトマンズ バグマティ川辺の不思議な仕事 3

カトマンズ バグマティ川辺の不思議な仕事 4

カトマンズ バグマティ川辺の不思議な仕事 5

 カトマンズにやってくると 毎日のように散策を繰り返すバグマティ川の岸辺、
 バグマティ川は すっかり汚れきって、どぶ川以上の何ものでもないが、この川辺に
 沿って生活する人々の姿は 私にとっては魅力的なものである。
 雑草のようにたくましく生きているという形容が似合う人々である。

 その雑草のようにたくましく生きる人々とは 対照的に バグマティ川の辺には
 今から150年近く前にラナ家によって建てられたラナ家独裁制の遺物のような
 ヒンズー教の寺院群が建ち並んでいる。
 その寺院群も人々の信仰を失い朽ちていくばかりの姿をさらしている、
 雑草のようにたくましい川辺の人々とこれらのラナ家の寺院群が 不思議な雰囲気を
 かもし出し、私を惹きつけて止まないのである。

 春とはいえ、日中の太陽の陽射しは夏のものに変わりつつある午後の散策は 
 ゆっくり歩いていても汗のにじんでくるものだ。
 そんな日の夕暮れ前に バグマティ川の川辺にたたずむシバ寺院に行ってみた。
 このシバ寺院の前は 身体を清める沐浴場であったが、ここ20年の間にすっかり
 汚れきった川の水では、この沐浴場に身体を清めにやってくるものの姿はない。

 沐浴場のために造られた石段に座り込んでなにやら作業をしている大人と子供がいる。
 こんな汚い川に魚などいるはずもないのに 何かを紐に結わいつけて 黒い水の中に
 投げ込んでいる。
 近寄っていき、その作業を詳しく眺めると 紐の先には磁石が結わいつけられおり、
 その磁石を使って、川に投げ込まれた賽銭を拾い上げているのである。
 「仕事はうまくいっているか、収穫はあったか」と声をかけると
 最初は怪訝そうな顔つきをしていたが、私に悪意のないことを知ると にっこり笑って、
 手のひらを広げ、その収穫物を見せてくれる。
 手のひらの中にあった小銭は 全部を合わせても 5ルピーにも満たないものだった。
 飴玉と1本のタバコを手に入れれば 消えてしまう額の収穫である。

 彼らのその姿を見ていた近隣の住民が 「いろんなことを考え出すものだな」と
 少し、侮蔑的に私に話しかけてきたので
 「食べることに困れば、誰だって、知恵を働かせるより仕方がない」
 そう受け応えると 苦笑いをしていた。

 世の中には 賽銭を川に投げ出す人間もいれば、それを拾い上げて 生活の足しに
 する人々もいる。
 それは人間の生きる姿の現実であるが、賽銭を投げ入れた側の人間が拾い上げる人々を
 軽蔑することは出来ない。
 たまたま運よく投げ入れることが出来る場所に生まれついたか、運悪く拾い上げる
 場所に生まれついたか それだけの違いである。
 いつの時代か、それが入れ替わることがあるのも 世の流れの常である。

 後日 再びこのバグマティ川の辺のシバ寺院にやってくると、シバ寺院の中に住む
 ネワール族の子供 11歳のビックラムが 真剣な表情で 同じように磁石を
 結わいたビニールの紐を 黒い濁った川の水の中に投げ入れては 川の底に沈んでいる
 小銭の賽銭を拾い集めていた。
 彼も生きていかなくてはならない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ バグマティ川の辺にて | 14:12:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。