■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐01
カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐01 1

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐01 2

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐01 3

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐01 4

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐01 5

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐01 6

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐01 7

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐01 8

 カトマンズのバグマティ川の川辺にある古いシバ寺院を訪れるようになってから、
 1年以上の月日が流れた。
 ここを訪れるようになったのも 自分の住んでいる身近な場所で 何が起こっているの 
 か、どんな人々の生活があるのか、見つめてみたかったからだ。

 バグマティ川にかかる黒い吊橋を渡ったすぐ近くに 今から200年前に建てられた
 シバ寺院があることは 以前にも伝えた。
 その寺院の中には 貧しい人たちが住み、そして、その子供たちが生活している。

 すっかり、カトマンズ市民の吐き出す汚水によって、汚れきってしまったバグマティ川 
 であるが、その川辺には 多くのドラマがあり、そのドラマが織りなす、人間模様には
 いつも驚いている。

 この場所に訪れるようになってから、多くの人々と顔見知りになった。
 特にこのシバ寺院に住む子供たちとは 随分仲良しになった。
 この1年間、子供たちの姿を 眺めながらも 子供たちの小さな人生に変化が訪れて
 いることには 心痛む出来事も多い。

 1年前にこの寺院を訪れた時、男の子2人、女の子1人の3人の子供たちが 寺院の
 入り口に座り込んでいた。
 何をしているのかと、注意して眺めていると、女の子が1冊の本を二人の男の子に
 読み聞かせていた。
 よくよく見ると、小学校の教科書だった。
 男の子たちは 神妙な顔つきで 女の子の読み上げる言葉に聞き入っている。
 そんな子供たちに声をかけたことから、この寺院とのかかわりが始まった。

 この3人の子供たち、女の子は タマン族 名前はスジータ 寺院の中の一部屋に
 彼女のおばあさんとともに住んでいるようだが、両親の姿は見かけたことはない。
 おばあさんの着ているものを見ても その貧しさは伝わってくるが、孫に対して愛情を
 注いでいることは良くわかる。

 男の子の一人は ネワール族のナガルコティというカーストに属する子供であるが、
 カトマンズ郊外にナガルコティばかりの住む集落があり、そこでは、竹を使った籠類が
 ナガルコティの人々によって、作られているという。
 彼の名前は ビックラム、彼の下には、3人の妹がいる。
 私が出会った頃は 両親とともに 寺院の中の一室に住んでおり、母親の姿や
 その幼い妹の姿もよく見かけたものだ。

 もう一人の男の子は チョダーリ ネパールの南部 インド国境周辺に住む
 タルー族の子供である。名前は スーザンである。
 マオイストと政府が紛争中に 治安の悪い南ネパールのタライ地方を逃れて、
 両親とともに カトマンズに逃れてきたのだろう。
 彼はこの寺院の中には住んでおらず、すぐ近くに両親、妹と間借りの部屋に
 住んでいるようだった。
 朝夕の水汲みの時間にはよく見かけた。

 3人ともすぐ近くの公立小学校に通う小学2年生だった。
 その頃は 3人とも貧しいながらも 精神的には安定した生活を過ごし、
 彼らなりの楽しい子ども時代を過ごしているようだった。

 この子供たちのこの1年の 小さな歴史を綴っていこうと思う。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

カトマンズ バグマティ川の辺にて | 04:55:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。