■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ カトマンズ盆地の春爛漫
カトマンズ カトマンズ盆地の春爛漫 1

カトマンズ カトマンズ盆地の春爛漫 2

カトマンズ カトマンズ盆地の春爛漫 3

カトマンズ カトマンズ盆地の春爛漫 4

カトマンズ カトマンズ盆地の春爛漫 5

カトマンズ カトマンズ盆地の春爛漫 6

カトマンズ カトマンズ盆地の春爛漫 7

カトマンズ カトマンズ盆地の春爛漫 8

 2月も中旬を過ぎると このカトマンズも 日中はもう初夏を思わせる気候だ。
 畑には菜の花が咲き乱れ、カトマンズの農民たちは ジャガイモの種芋の植え付けに
 忙しい。
 一方では 菜っ葉を積み、夕方からの路上での商いの準備をしている農婦もいる。
 何を狙ってか 白鷺が 農婦が畑仕事をするすぐそばの木にとまって 
 その仕事ぶりを眺めている。
 心休まる長閑な春爛漫の風景だ。
 
 遠くの山々に目を向けると、白いヒマラヤの山々も霞んで見える。
 どこもかしこもすっかり春たけなわである。

 農婦たちの働く畑を抜けて、バグマティ川の岸辺近くに行くと、洗濯日和のためか
 近所に住む人たちは洗濯に励んでいる。
 水もぬかるみ、もう水の冷たさを感じなくてもいい季節だ。
 寒い冬が去り、人々の表情にも明るさがあふれている。
 干した洗濯物の向こうに 川辺のシバ寺院が 春の光を浴びている。

 春の訪れとともに ネパールも結婚のシーズンを迎えた。
 バグマティ川の川辺のシバ寺院の近くにあるパチャリバイラワ寺院では
 ネワール族のサヒ・カースト(家畜の堵殺・肉の販売を生業とするカースト)の
 人たちの結婚式が執り行われていた。
 その寺院を抜け、カトマンズの街の中に入っていくと、ここでも小さな広場で
 農民カースト マハルザンの女たちが 結婚式のためのご馳走の1つ、大豆を
 磨り潰して作るバーラと呼ばれるドーナツを揚げていた。

 もうあと2週間もすれば、夏がやってくる。
 カトマンズの短い春、カトマンズの人々は 電気不足、水不足に悩まされているけれど、
 暖かい季節の到来に 喜びを感じていることがよくわかる。

 あと2ヶ月もたてば、ネパールの新年がやってくる。
 そうすれば、祭りの季節の始まりだ。
 不安定な政治の中での 新しい年の始まりになるだろう。
 その頃から、ネパールも世界不況の影響が 現れてくるだろう。
 一体、どんな年になるのだろう。

 この20年間の政治の変化は ネパールの貧しい庶民たちの生活を向上させることも
 なく過ぎ去った。
 この20年間で 政治家や官僚たちは 汚職と賄賂で 蓄財に励んむばかりだった。
 政治体制は変わっても バウン族、チェットリ族の支配体制に変化はない。
 兵士や警察官の顔つきを見ていると、以前よりバウン、チェットリ族の数が増えたようにも
 感じられる。

 マオイスト主導の政府に期待した貧しい庶民たちも その期待を破られ、
 ますます 生活の自衛のための努力を強いられる。
 物価は上がり、生活環境は悪くなる一方だ。

 カトマンズ庶民たちは 春の訪れが与えてくれる季節の恵みを楽しむだけが
 精一杯の毎日である。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 04:41:47 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
ひかるのさん、初めまして。
胸が熱くなるようなお写真と、淡々としたコメント、
先日、このサイトに出会って以来、いつも見せていただいております。
ありがとうございます。心から御礼を申し上げます。
拝見しているうち、是非離れて住んでいる私の両親に見せたいという思いが募ってきました。
もしよろしければですが、私のブログにリンクさせていただけないでしょうか。そうすれば、操作の苦手な両親にも見られると思いましたので。
どうぞよろしくお願いいたします。
これからも、お身体にお気をつけになって、どうぞご活躍下さいませ。
今後とも御記事、拝見させていただきたく、楽しみにしております。


2009-02-20 金 11:20:56 | URL | ここ [編集]
住民の皆さんの服装は別にして、日本の風景に良く似ていると感じました。
自分の田舎を思い出してしまいました。
2009-02-20 金 12:32:02 | URL | 西森憲司 [編集]
ここ様

どうぞ遠慮なく リンクしてください。
人口増加の中で 水不足、電気不足に苦しむ人々の生活ですが、
まだまだ 古き日本の良さを充分に残しているカトマンズです。

人と人との係わりも 都市でありながら、濃厚な田舎の人間関係も
残っています。

日本という国を見直してみるには 良い機会になるのではと
ブログを続けています。
これからも よろしく。

                          ひかるの
2009-02-20 金 16:48:30 | URL | ひかるの [編集]
西森様

カトマンズは 日本の気候ととてもよく似ています。
日本の九州あたりの気候です。

植生も良く似ており、桃、スモモ、柿、梨などもあります。
環境汚染さえなければ、桃源郷のような場所です。


                        ひかるの
2009-02-20 金 16:52:50 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。