■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ ゴダワリへの散歩‐03
カトマンズ ゴダワリへの散歩‐03 1

カトマンズ ゴダワリへの散歩‐03 2

カトマンズ ゴダワリへの散歩‐03 3

カトマンズ ゴダワリへの散歩‐03 4

カトマンズ ゴダワリへの散歩‐03 5

カトマンズ ゴダワリへの散歩‐03 6

カトマンズ ゴダワリへの散歩‐03 7

カトマンズ ゴダワリへの散歩‐03 8

 ゴダワリの水場から離れ、ミニバスでやって来た道を徒歩で下っていくことにした。
 ゴダワリのミニバスの溜まり場を通り過ぎる時に 行きに乗ってきた運転手に声を
 かけられたが、ことわり、そのまま、道を下っていく。
 空気はどこまでも清涼で 気持ちがいい。
 カトマンズ市内の空気のように べたべたと肌にまとわり付くこともなく、自然の
 恵みの中の素晴らしい空気だった。
 白いスモモの花が咲き、山も春の装いを彩っている。

 道を下っていくと チェットリ族の家々が 道沿いに並んでいる。
 ネワール族のように集団で住むことのない彼らは、1軒家に住む。
 1階は物置と家畜の飼育場所、2階が生活場所、3階が台所と穀物の保存場所のようだ。
 家は南向きに建てられ、そこが庭になっており、そこは冬場の人々の憩いの場所である。
 萱葺きの昔ながらの家もある。
 のんびりとした風景である。

 そんな家々を眺めながら、坂道を下っていくと 学校の生徒らしい集団にあった。
 タマン族の少年たちだった。
 小学6年生だと言う。
 谷間の向こうの集落に住み、谷間を越えて学校にやってくるようだ。
 カトマンズ近郊に住む民族であるタマン族であるが 教育の程度は低い。
 親たちが教育に関心がないためでもあるが、ゴルカ王朝時代の愚民政策の結果とも
 いえる。
 タマン族も 最近になって少しずつ教育に対する関心が増してきているが、
 小学6年生である子供たちの姿を見ても その年齢にばらつきがあり、そこにも
 教育の遅れが現れている。
 彼らが通っている学校は 7年生までで 進学の際には 別の学校に通うことになるが、
 何人の子供たちが進学できるのだろう。
 着ている制服も 25年前にキルティプールの公立小学校に通う子供たちと同じものである。
 今のカトマンズの公立学校は ネクタイを締め、学校に通うことが多くなった。
 貧しい家庭の子供たちにとっては 負担である。
 形ばかりを考え、子供の実態を知らないバウン族の教師たちの姿勢が 
 そこに現れている。
 生徒たちが入っていった学校の大半の生徒は タマン族の子供たちだ。
 この学校で教えるバウン族の教師たちは タマン族の集落へ行き、
 タマン族の子供たちの生活の実態を調べに行ったことがあるのだろうか。
 大半のバウン族は 他の民族、他のカーストの人たちには関心を持たない。
 関心を持つときは 利害関係が絡んだ時だけである。

 タマン族、マガール族、低カーストの家庭にとっては 制服を揃えることだって、
 大きな負担である。
 それぞれの民族の持つ特殊性を理解することから教育は 出発すると思うが、
 バウン族やチェットリ族の教師にはそういう視点はない。
 彼らは 250年に渡る王制の中でヒンズー教至上主義の中で生きてきた支配階級で
 ある。
 仏教徒であったタマン族は カトマンズ近郊に住みながら、王制の恩恵を受けること
 なく、250年の時の流れに身を任せてきただけである。
 教育を受ける機会の少なかった彼らが カトマンズでできる仕事といえば、皿洗い、
 リキシャの運転手、荷運び人夫、農繁期の畑仕事の請負、建築現場でのレンガ、
 砂運びなどの賃金の安い肉体労働だけだった。
 この便利な街道沿いに住んでいる民族の大半はチェットリ族で、タマン族の集落は
 谷間の向こうの不便な場所であり、公立学校に通う子供たちの大半は、タマン族で、
 チェットリ族の子供たちは 私立学校に通っているようだ。

 チェットリ、バウン族、ネワール族に比べれば、教育程度の低いタマン族ではあるが
 彼らの中にも 段々教育の芽は育ち始めている。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街道を行く | 04:52:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。