■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角
カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 1

カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 2

カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 3

カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 4

カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 5

カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 6

カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 7

カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 8

カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 9

カトマンズ 街の素顔‐02 暮れなずむ街角 10

 カトマンズの旧王宮広場の中に カトマンズダップ寺院と呼ばれる寺院がある。
 言い伝えによれば、この寺院は1本の巨木を使って建てられ、700年の年月を
 経ていると言われ、カトマンズの街の名前もこの寺院に由来するとされている。
 ネワール族のマッラ王朝時代には 重要な儀式の祭事場として使用されていたようだ。

 私はこの広場周辺が好きで、たびたびこの場所にやって来ては 
 道行く人々を眺める。
 路上の野菜売りのおばあさん、長い歴史を経た木造の建物の1階で昔ながらの
 商いをする商人たち、そして買い物にやってくる人たち、その動きがごく自然で
 心が休まるのである。
 夕暮れ時のこの広場に 夕闇が少しずつ、迫ってくる、
 その頃が1番人が 自然に息づいていることを感じる時間である。

 停電ばかりのカトマンズ、暗くなる前に家に辿りつく必要がある。
 バスを使って帰るか、裏通りを通って帰るか、時計を見ながら考える。
 今日は このあたりは 停電ではないようだ。
 それではと思い、古い家並みの続く下町情緒を味わいながら、変えることに決めた。

 ゆっくり、ゆっくりと 人々の姿を眺め、夕闇の中で変り行く街並みの色合いを
 楽しみながら歩いていく。
 男の子が 母親に頼まれて 路上に置かれた一山10ルピー、5ルピーの野菜の山の
 店番をしている。
 少し先に行くと 裸電球の明かりに照らされた昔からの生活の道具、莚、竹で作った籠、
 箒、藁靴が並べられている店があり、懐かしさを感じさせる。
 そんな時代遅れの店の前では 人の流れなどお構いなしに 1匹の犬が気持ちよさそう 
 に眠っている。
 その反対側の雑貨屋では ネワール族の女が座り込んで商いに精を出している。
 存在感のある女性である。
 話をすると、ネワール族の農民カースト マハルザンの女性だった。
 マハルザンの女は 皆どういうわけか 堂々としている。
 この下町の裏通りの時間があたかも 異質な時間の中にあるようだ。

 静かに穏やかに迫ってくる夕闇の中で 残り少ない陽の光を惜しむように
 寺院の前の小さな広場で子供たちが遊び呆け、その脇では二人の無表情な老女が
 ただただ 座り込んでいる。
 近くにいたネワール族の若い女性が ネワール語は話せるかと訊くので
 ネワール語で「ネワール語はわからない」と話すと、その会話を
 耳にした一人の老女が突然 笑い声を上げた。

 薄闇は 濃い闇へと変ってきている中を歩いていくと、
 古い時代がかった建物に 何人かの人が座り込んでいる。
 それを写真に撮っていると 中にいた女性が笑いかけ、入ってくるように声を
 かけてくる。
 チェットリ族の親子だった。
 生まれはカトマンズから離れたジリの近くの村から カトマンズにやって来たと言う。
 彼女にも農民の匂いが漂っている。

 下町の裏通りに再び戻って歩き始めると 通りはすっかり闇に包まれ、
 電気の明かりが 幻想的な世界を創り上げている。
 今 自分がこの場所にいることが 夢のようであり、現実のことのようには思えない。
 世界は100年も昔に 時間は遡行し、突然 その場所に取り残されたという想いに
 捉えられてしまう。
 こんなことは 予想もしていなかった今の自分がいる。
 それが自分にとって よいことなのかどうかは 今もってわからない。
 時間の流れに 身を任せるだけである。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 10:36:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。