■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ バグマティ川幻想
カトマンズ バグマティ川幻想 1

カトマンズ バグマティ川幻想 2

カトマンズ バグマティ川幻想 3

カトマンズ バグマティ川幻想 4

カトマンズ バグマティ川幻想 5

カトマンズ バグマティ川幻想 6

カトマンズ バグマティ川幻想 7

 電気の来る朝4時に起きだし、ブログ記事を書き、写真の整理を済ませると 
 6時半近くになった。
 今日は朝4時から正午までの8時間電気が来る。
 少し時間の余裕があるので、近くのバグマティ川の岸辺を散策する。

 外に出てみると まだ白い朝靄がかかり、歩く人々の様子も寒げで、肩をすぼめて
 歩いている。
 バグマティ川に平行している大きな舗装された道まで出てみると、
 太陽は上がりかけたばかりで、ささやかの朝の光を投げかけているだけだ。
 地平線に近い太陽は いつもよりはるかに大きく見える。
 まさに朝の始まりを示す兆候が 充分に感じ取れる。

 舗装された道路から 畑地を抜けてバグマティ川岸辺へと近づいていく。
 白い朝靄と薄明かりの中で、汚れきったバグマティ川の岸辺も その様相を変え、
 別物の聖なる川に変ってしまったような錯覚の陥ってしまう。

 バグマティ川の向こう岸にある河川敷の広場では、子供たちの活動が始まっており、
 広場の草むらに座り込んで何やら話し込んでいる。
 そのうっすらと浮かび上がる光景も 何やら別世界のように思われてくる。
 朝の自然のいたずら、自然の魔法の力によって、本来の姿を一瞬現したバグマティ川で
 あるが、日が昇るに従って、人間によって汚染された醜い姿を現すのももうすぐだ。

 雨の降らないこの時期では バグマティ川は汚れに汚れ、再生の機会はない。
 人間の所業によって 醜い姿に変えられたバグマティ川であるが、
 その報いは いつか その所業を為した人間たちに返ってくるだろう。
 それほど、人間は愚かで無知な存在なのだ。

 このバグマティ川の岸辺を味わいながら、自然の持つ魔法の力から生まれてくる
 幻想の世界を 私もひたすらに味わう。
 陽がしっかり上りきってしまうまでの束の間の時を…。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ バグマティ川の辺にて | 16:56:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。