■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 子供たちの素顔‐01 幼子たち
カトマンズ 子供たちの素顔‐01 幼子たち 1

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 幼子たち 2

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 幼子たち 3

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 幼子たち 4

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 幼子たち 5

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 幼子たち 6

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 幼子たち 7

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 幼子たち 8

 カトマンズでは いたるところで 子供たちの姿を見る。
 道端の隅っこ、広場、駄菓子を売る店の前、本当に子供の多い社会である。
 日本と違って 子供たちが自由奔放であるから、その表情も豊かで、大人に対する
 猜疑心など感じさせない。
 カメラを向けると 大喜びで まるで、映画の主役になったかのような面持ちである。
 撮った写真を液晶画面で見せると、こんなところに自分がいるといった按配で
 嬉しくてたまらない様子だ。
 まあ 中には カメラの何たるかを知らず、ピストルでも突きつけられたような顔つき
 を見せる子供もいるが、それでも撮った写真を見せると、驚いたように笑顔が浮かんで
 くる。

 日本は 子供にカメラを向けることが難しい異常な社会になってしまったけれど、
 このカトマンズでは 子供の豊かな表情を求めて、写真を撮るのは楽しいことだ。

 私が出会う子供たちといえば、路上を歩いている時が多い。
 大半の子供たちは 貧しいカトマンズ庶民の子供たちだ。
 タマン族、ネワール族、チェットリ族、バウン族、マガール族と、様々の人種の
 入り乱れるカトマンズの街の中では、様々の民族の子供たちに出会い、
 その顔つきの違いを探ることも楽しみの一つだ。

 民族、カースト、貧富の差と 何事においても格差社会のカトマンズである。
 幼児から少年少女、そして若者、成人と大きくなるに連れて、嫌が負うにも
 その格差社会に気がついていく。
 どこに生まれつくかによって、人生の大半が決まってしまう社会、努力しだいという
 ことがなかなか通用しない社会だし、努力というものがどういうものなのかすら、
 理解の機会を与えられていないことが多い庶民の生活だ。
 子供たちの親は 今日の糧を得ることに奮闘することに精一杯で、その生き抜く姿勢を
 子供たちに見せることしかできないというのが現実である。

 そんな親たちの苦労はよそに 幼い子供たちは 成長と好奇心を武器に、
 人生を謳歌している。
 そんなカトマンズの幼い子供たちの姿が 伝わればと思い、写真を掲げてみた。 


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 生き抜く人々 | 14:32:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。