■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 街の素顔
カトマンズ 街の素顔 1

カトマンズ 街の素顔 2

カトマンズ 街の素顔 3

カトマンズ 街の素顔 4

カトマンズ 街の素顔 5

カトマンズ 街の素顔 6

カトマンズ 街の素顔 7

カトマンズ 街の素顔 8

 カトマンズの旧王宮周辺を歩いてみた。
 この場所には チェットリ族の支配したゴルカ王朝の前のネワール族の王朝 
 マッラ王朝時代に造られた多くの建造物が残されている。
 その建造物の一廓では昔ながらの木造の店が並び、時間が逆戻りをしてしまったのかと
 錯覚してしまう。
 3,4ヶ月前は インドラ・ザットラ、ダサインと大きな祭りが目白押しで、
 人であふれていたこの界隈であるが、今は落ち着きを取り戻し、人並みも少なくなり、
 のんびり歩くことが出来る。
 人々の服装も 寒さの残る春先の気候、厚着であり、暖かい春の陽射しを求めて
 動いているようである。

 乾燥した川魚、海の魚、えびを売る店は 変らず 昔ながらの商いをしている。
 店に座り込んでいると冷えるのか、ショールを肩にかけている人も多い。
 このカトマンズの春先の日中は 太陽の恵みだけが 暖房の役割を果たす。
 暑くもない快い陽射しは 今が1番の季節である。

 旧王宮に近づくと、二つの塔があり、そこには春の暖かい陽射しが 燦燦と届いている。
 日本なら日中の忙しい時間、ここでは時間を持て余した人たちが日向ぼっこを楽しんでいる。
 塔の一番下の段では、マリー・カーストの人たちがいつもの花飾りを売っている。
 ネワール族のマリー・カーストの人たちで 彼らは花の栽培に従事するカーストの
 人たちである。
 花を春の陽射しから護る二つの日傘が 目を惹き、何ともユーモラスだ。

 そこから ビシュヌマティ川に向かって少し下ると、マッラ王朝時代に造られた
 ドゥンゲ・ダーラ(ネワール語でヒティ)と呼ばれる石造りの水場がある。
 電気不足、水不足に悩むカトマンズ市民にとっては 救いの場所であるが、
 大半は 村からやって来た間借り生活者たちである。
 いくつもポリタンクを並べ、順番を待つ姿は ここ10年以上変ることはない。
 政府の無策は 何一つ住民の生活を向上させてはくれない。
 数百年前に造られた水場に頼らなくてはならないとは 何ともいえない皮肉なことだ。

 ひたすら耐える、これがこの国の民の習性になってしまったようだ。
 諦めること、多くを求めないこと、どうあがいても状況は変っていかないと諦めでも
 しないかぎり、この国ではやっていけない。

 質素な食べ物 ダール・バート・タルカリ、豆汁に ご飯に 野菜カレー、
 変ることのない食事パターン、毎日その食をあることが出来れば、良しとするより
 仕方のない生活である。
 それを、何百年にも渡って押し付けられてきたのだ。
 今更、何が変っていくというのだろう。
 そんな庶民の声が聞こえてくるようである。

 時は春、水場の上にある小さな休憩所では 春の暖かい陽射しを浴びながら、
 老人や暇を持て余す若者が、水場にやってくる人たちを眺めては時を過ごしている。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 04:21:19 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
自分の知らない世界のことが写真や言葉ですぐとなりのことのように伝わってきます。私は絵を描くとき写真から起こすことは好きじゃないのですが、ひかるのさんの写真はアングルもよく情感も伝わってきて絵心をさそわれます。楽しんでみています。
2009-02-06 金 15:53:36 | URL | さちぴー [編集]
どういうわけか カトマンズは 被写体が魅力的で
楽しくなるところが多いですね。
1番嬉しいのは 人間が生きて生活しているという実感が
感じられることです。
一度、カトマンズを訪問してみるといいかも知れませんね。
2009-02-06 金 16:54:49 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。