■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ バグマティ河川敷の春
カトマンズ バグマティ河川敷の春 1

カトマンズ バグマティ河川敷の春 2

カトマンズ バグマティ河川敷の春 3

カトマンズ バグマティ河川敷の春 4

カトマンズ バグマティ河川敷の春 5

カトマンズ バグマティ河川敷の春 6

 寒かった冬が去り、春が近づいてくると 心も身も軽やかになったような気がする。
 暖かな春の陽射しを受けながら、家から裏道を通ってカトマンズに向かう。
 ネワール族のタンドゥカール・カーストの農婦が独りのんびりと 春野菜の収穫に
 勤しんでいる。
 春を感じさせる光景である。

 その脇を抜けて 乾期だけに架かる細い小さな木造の橋を渡ると、
 ラナ専制時代に建てられた古い学校がある。
 学校前からの広場から バグマティ川の向こう岸を眺めると 女たちが
 洗濯に励んでいる。
 その後ろでは 通り過ぎてゆく春のやさしい風を受けて、洗濯物が揺れている。
 バグマティ川の水の流れは 水量が減って すっかり 黒ずんで薄汚くなってしまったけれど
 そんなことはお構いなしに春は 確実にやってきている。

 その学校の前の河川敷の広場では 子供たちが 最後の冬休みを楽しむように
 歩き回っている。
 その表情も暖かな陽射しの中で華やいでいるようにも見える。
 家族でやって来て 山羊の世話をしているチェットリ族の子供たちだ。
 日向ぼっこを楽しむ家族の下では 貧しいながらも子供たちは幸せそうである。
 大人たちは 長い停電と水不足で悩んでいるが、子供たちとっては ささやかな日常の
 出来事に過ぎないのだろう。

 少し歩いて公立の学校のそばに行くと ここでも大人たちと子供たちが 
 日向ぼっこを楽しんでいる。
 マガール族のおばあさんとその孫娘たち、タマン族のお姉さん、ネワール族の中年過ぎ 
 のおばさん、チェットリ族のおばさんたちが 石造りの円形の台の上に座り込み、
 世間話に夢中である。
 話しかけても屈託なく相手をしてくれる。
 カトマンズ庶民の気さくさこういう人たちによって発揮される。

 彼女たちとの会話を楽しんでいると バウン族の男がやって来て、和やかな雰囲気を
 壊すかのように、自分の言いたいことだけを 当然のことのように大声で話し始める。
 理屈を捏ね、相手を言い負かすことに情熱を感じている人間である。
 素朴で口数の少ない山岳民族は 分けもわからぬうちに相手の言いなりになってしまう。
 そして、こうしたバウン族が 山岳民族の富を奪っていったのがネパールの歴史である。
 バウン族たちは相手との理解を深めるというより、多弁で相手を言いくるめ、自分の
 都合のよい方向に持っていってしまう人間たちである。
 彼らは 口先だけの甘言で政治の世界でのし上がり、国の富を独占してきたのが
 ここ20年のネパールの政治の世界である。
 彼らは 人の話を聞こうとはしない。

 バウン族の彼の出現で 春のうららかな穏やかな雰囲気はすっかり壊れ、
 後味の悪さだけが残る。
 ちょっと教育のあるバウン族が 1番たちが悪い。
 この頃では こうしたバウン族と話をしたいとも思わないし、何かしゃべっていても
 聞く耳は持たない。
 小粒のインド人といった感じで その調子のよい身勝手な賢しさしか感じられない。
 ネパールの国土の狭さに合わせて、人間性まで縮小されてしまったのではという
 気になってしまう。
 小うるさいバウン族をあとに カトマンズに向かうことにした。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ バグマティ川の辺にて | 08:31:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。