■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ スラムに住む大人たち
カトマンズ スラムに住む大人たち 1

カトマンズ スラムに住む大人たち 2

カトマンズ スラムに住む大人たち 3

カトマンズ スラムに住む大人たち 4

カトマンズ スラムに住む大人たち 5

カトマンズ スラムに住む大人たち 6

カトマンズ スラムに住む大人たち 7

カトマンズ スラムに住む大人たち 8

 スラムに住む大人たちを見ていても あまり深刻さを感じさせない。
 子供たちの服装を見ても 薄汚れているといった感じはなく、スラムの中に
 掘られた井戸の水を使って、洗濯もよくやっている。

 カトマンズのスラム住民は本当に貧しいのかと、疑いの気持ちも湧いてくる。
 電気はないが、生活用水は 河のそばにあることで 井戸を掘れば 水はいくらでも
 湧いてくる。
 飲み水は 労力は伴うが、政府の設置したスラムの外の水場から運んでくればよい。

 間借りをすれば、月々2千ルピー(2千4百円)の家賃を払わなくてはならないし、
 水を使うことも簡単ではない。
 洗濯は 川の近くの水場まで行かなくてはならないし、大家の文句にも耳を傾ける
 必要もあり、フラストレーションも溜まりやすい。

 スラムの住民に話を聞いていると、大半はカトマンズの外の村からやってきている
 人たちであるが、いきなり山から出てきて、この川辺のスラムに住みついたのではなく
 間借り生活をしているときに この河川敷に人が住み始めているという話を聞き、
 ここに移ってきた人も多い。
 中には カーストの低い人たちで 他の人と 一緒に水を使うことが許されず、
 住む場所がなく、ここに住み着いた人たちもいる。

 この前 スラムに行った時に 出会ったネワール族のサイ・カースト(動物の堵殺を
 生業にするカースト)の人は、ここに住み着いている親戚を訪ねてきて、
 このスラムの中に空いている土地はないかと探しに来ていた。
 以前から ここに住んでいる親戚のものにここに移ってくるようにと誘われていたが、
 洪水になる危険を感じて、移ってくることを戸惑っているうちに、空き地が
 なくなってしまったのである。

 大半のものたちは 住む場所がないというより、土地がただで手に入るということが
 目的で移ってきた人のほうが多いようだ。
 大人たちを見ていても 仕事にあぶれているというわけでもないようだ。
 決して豊かな生活であるとは言えないが、家賃を払わないだけでも、
 間借り生活をする人たちより 生活は楽なはずである。

 その証拠に政府が追い出しをかけないことがわかると、ビニール張りのバラック建て
 から レンガ造り、セメントブロック造り、木造へと建て替え始めている。

 自分の家が持てるという希望が なにやら スラムの住民に明るさを
 与えているようでもある。
 他の間借り生活者より少し頭を働かせて、先を見たわけである。
 だから、このスラムにやってきても 悲惨さを感じない。
 むしろ、間借り生活者よりも 1段上の生活レベルなのかもしれない。
 初めのうちは あんなところに住んでと後ろ指を差されることもあるかもしれないが、
 何年かのうちに レンガ造りの家に建て替えた時には 立場は逆転してしまう。

 国有地を違法に賢く手に入れることが 本当に許されることなのかどうかはわからない。
 持てる者、持たざる者の格差を解決することがなければ、こんな状況も生まれてくる。
 器用に立ち回れない人間は、いつまで経っても 貧困から這い上がることが出来ない
 ネパールである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ バグマティ川の辺にて | 02:33:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。