■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 川辺の市場の野菜たち
カトマンズ 川辺の市場の野菜たち 1

カトマンズ 川辺の市場の野菜たち 2

カトマンズ 川辺の市場の野菜たち 3

カトマンズ 川辺の市場の野菜たち 4

カトマンズ 川辺の市場の野菜たち 5

カトマンズ 川辺の市場の野菜たち 6

 カトマンズとパタンを結ぶ橋の下には 夕方近くなると 近隣の人たちが 
 夕べの糧を求めてやってくる野菜市場がある。
 雨露を防ぐことが精一杯のバラック建ての粗末な店に野菜を並べ、あるいは路上に
 ビニールシートを敷き、その上に野菜を並べたりしている。
 
 この冬から春に向かう時期は寒いので ネパール・カトマンズにやってくるのは
 避けていたが、この時期が 1番カトマンズで 美味しい野菜に恵まれ、
 新鮮な野菜が手に入る。
 大根、青葱、ほうれん草、山芋も新鮮で美味しく、その上安いから嬉しくなってしまう。
 ネパール独特の野菜も多く見られるが、料理方法が良くわからないので 
 敬遠してしまう。
 目下 私がよく食べるものといえば、ほうれん草、大根、青葱、山芋である。
 鳥インフルエンザの影響で値下がりしている鶏肉を買い、これらの野菜と一緒に
 スープにしても美味しいし、バンコクから運んできたバンコク産の乾しウドンを
 湯がいて、そのスープで食べても食が進む。
 ちょっと贅沢をするつもりなら、鶏すきにしてもいい。
 白滝代わりに春雨を使えば、充分である。
 中くらいの大根2本で17ルピー 約20円、ほうれん草は3束10ルピー、
 日本のほうれん草ほど葉が大きくないので、日本の1束分であるが、
 12円で手に入るのは嬉しい限りだ。

 時々、肉を食べる程度のネパール人にとっては 野菜、ジャガイモ、トマト、
 玉葱などが安いからどうにか食いつないでいくことが出来る。
 そんな野菜が 市場一杯に並んでいるのを見るだけでも楽しい。

 カトマンズ盆地産だけでなく、インドや南ネパールから入ってくる野菜も多いが、
 カトマンズ盆地産が 新鮮で見た目にもおいしそうに見える。
 苦瓜など日本の沖縄周辺で採れる野菜も並んでいる。

 停電の多いカトマンズの今だが、気温が上がらないので 野菜の傷みも遅い。
 その日に食べるものを買うというのが基本の生活だから、保存の利く大蒜、ジャガイモ、
 玉葱などは別にして、青物はその日に使い切ってしまう。

 庶民の食を支える野菜であるから、利益は高が知れているのだろうが、
 ぼることのない誠実な商いの姿がここにはある。
 だから、私はこの市場に来るのが好きなのである。

 今は 公立学校は2週間の冬休み、野菜売りの子供たちが市場の所々に群がっている。
 親の商いを眺めながら、学ぶことも多いだろう。
 親の苦労を間近に見ていれば、親の大変さもわかるだろう。
 こんな親子の生活からは 親殺し、子殺しなど起きはしないだろう。
 人間の生活の基本がこの市場にもある。
 手触りの確実な生活の形が感じ取れるのだ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ バグマティ川の辺にて | 22:56:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。