■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 長い夜だった
 今日の夕方からの停電は午後4時から深夜の12時までだった。
 夕方の6時過ぎから寝て 深夜12時過ぎに起きればよいと思って、寝ることにしたが
 これが間違いで、午後8時過ぎに目が覚め、電気が来るまでの残り4時間を蝋燭の
 明かりで過ごすことになってしまった。
 非常用電灯も 充電の具合が悪く、30分もしたらようを為さなくなってしまった。
 蝋燭の明かりでは 本を読むことも出来ず、布団に潜り込んで、暗闇を見つめるばかりだった。
 時々起き出しては 蝋燭をつけ、暗い明かりの中で簡単な仕事をするが、
 時間は遅々として進むだけである。
 近所の家々では、普段はあまり聞こえない会話が聞こえている。
 いつもであれば、テレビに眼を向け、会話を交わすことのない家族や隣の部屋の人間と
 会話を交わすことで することもない停電の中の時間を過ごしているのである。
 こんな時 一人住まいは困る。
 夕食は早めに済ませてしまったし、暗闇の中ではすることがないのである。

 停電が1日14時間ということであれば、電気が来るのは1日10時間ということに
 なるが、普段なら寝ている時間に電気が来ていて、用を成さないことが多いのである。
 表にしたら、下の通りである。
 停電時間を表にするより、通電時間を表にするほうが 実態がよくわかる。

  日曜日 00:00-04:00 12:00-04:00  通電時間 計 8時間(-4時間)
  月曜日 00:00-04:00 12:00-04:00           8時間(-4時間)
  火曜日 00:00-08:00 12:00-20:00          16時間(-4時間)
  水曜日 04:00-08:00 16:00-20:00           8時間(-2時間)
  木曜日 04:00-08:00 16:00-24:00          12時間(-2時間)
  金曜日 08:00-12:00 20:00-24:00           8時間
  土曜日 04:00-12:00 20:00-24:00          12時間(-2時間)
 
 *** -時間は寝ている時間帯に来る電気の時間  ***

 深夜12時から朝の4時までなど大半の人は寝ていて電気を使わない時間帯だし、
 朝4時から6時までもまだ人が寝ている時間帯である。
 それらを差し引くと、実質電気が使えるのは 週50時間がいいところである。
 通電時間72時間というのは 全く数字だけのことで 実質を伴わない。
 来週あたりから 停電時間が1日12時間になるというが、これも実質を伴わない
 数字で誤魔化すつもりなのだろうか。

 こんな状態の中で 電気料金の値上げを考えているという話である。
 電気料金は 日本と韓国を除いたアジアの国々の中では 1番高い。
 ネパールより物価の高いタイと比べても 1.5倍の料金だ。
 損失は政府のメンテナンスの悪さから来ているのであって、国民の責任ではない。
 政府の無能さの付けを 国民に押し付けるのはやめてほしいものである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 08:47:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。