■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 頭の中を流れる歌
 風邪を引き込んで、寝たり起きたりしている時間を持つと、心はいつの間にか
 過去へと向かうことが多くなる。
 独りで生活していると どうしても時間は 過去へと遡行して行くようだ。

 そんなときにいつも頭の中を流れている一つの歌がある。
 私が日本で生活していた頃、アルバムを買い、よく聴いていた曲であり、ネパールの
 カトマンズでもカセットテープにコピーをして何度も聴いていた。』

 金子由香利の唄う 『 時は過ぎていく(IL EST TROP TARD)  』である。
 フランスのシャンソン歌手 Georges Mousutaki 作詞・作曲 古賀力 訳詩の
 この歌詞は 次のようなものである。


     時は過ぎていく(IL EST TROP TARD)

  眠ってる間に 夢見てる間に
  時は流れ 過ぎてゆく
  子供の頃は もう夢の中
  時は時は 今も過ぎてゆく
  あなたの愛に 溺れている間に
  時は はかなく 過ぎてゆく

  お前は可愛い あの言葉も
  あなたさえも 今は遠い夢

  眠ってる間に 唄ってる間に
  自由な時は 行ってしまった
  戦いの中 傷つきながら
  時は時は 今も過ぎてゆく

  それでも私は 歌に生きる
  それでも私は 歌に生きる
  私は唄う あなたの為に
  時は時は あまりに短い

  唄ってる間に 夢見てる間に
  唄ってる間に 時は過ぎてゆく…。


 若い頃は シャンソンが大人の歌のように思えてよく聴いたものだ。
 このムスタキをはじめ、ベコー、アズナブール、ピアフなど多くのレコードを買ったものである。
 日本のションソン歌手では 金子由香利をよく聴いた。
 歌詞とメロディがマッチしていて追憶に浸るには とても良いテンポだし、歌詞の部分は
 自分なりに別の言葉を置き換えれば いいのである。
 歌手にとっては 歌が命であるから、『唄ってる間』であるが、
 私であれば、『旅してる間』にと置き換えればいいのである。
 旅の中でどこか荒れてくる心に眼を向け、もう一度心に潤いを与えていくためには
 音楽が必要である。
 私にとっては それが シャンソンであったり、バッハ、ヘンデル、モーツアルト、
 バロックなどのクラシックであったりする。
 そんな音楽が いつも私の手元には置いてある。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 23:53:52 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
お早うございます。
風邪が治って良かったですね。多分、知らぬ間に疲れが溜まって
いたのでしょう。カトマンズの滞在でも十分にご注意下さい。
久しぶりの懐かしい名前、ジョルジュ・ムスタキ。吟遊詩人だと言われ、
ドラマのバック音楽にもよく使われました。
私も、彼のファンで、当時はレコードも集めましたが、引越しで無くして
しまいました。久しぶりに聞きたくなってきましたね。ゆったりと流れる
ように歌う彼の歌い方は、大好きでした。当時はフランス語をやって
いたので、仏語で一生懸命歌ったりもしていました。
2009-01-23 金 04:39:39 | URL | machan [編集]
ありがとうございます。

心の音楽は いつも手元に置いておきたいと思っています。
自分を取り戻すには 音楽を聴くというのは いいきっかけになります。
大学では第二外国語としてフランス語を学びましたが、
何一つ身につきませんでした。
知っているフランス語の単語は シャンソンで覚えたものばかりです。
2009-01-23 金 12:33:06 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。