■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 働く人たちの昼飯時
バンコク 働く人たちの昼飯時 1

バンコク 働く人たちの昼飯時 2

バンコク 働く人たちの昼飯時 3

バンコク 働く人たちの昼飯時 4

バンコク 働く人たちの昼飯時 5

バンコク 働く人たちの昼飯時 6

バンコク 働く人たちの昼飯時 7

バンコク 働く人たちの昼飯時 8

 ここ1週間 涼しいバンコクの気候の中、正午近くなり、腹も空いてきたので、
 昼飯を食べに外に出かけることにした。
 いつものバンコクであれば、昼間の陽射しは暑く感じられるのに 今の涼しいバンコク
 では暖かく気持ちよく感じられる。
 まるで日本の5月のようだ。

 いつも行くカオ・ラーオ(牛肉麺)でもと思って、センセーブ運河の船乗り場 
 サファン・チャンの近くにあるいつものおばさんの店に行くが、今日も屋台を
 開けていない。もう2週間以上になる。
 この前 道で会ったら 体調がよくないと言っていた。

 仕方がないので サファン・チャン(象の頭橋)を渡って、センセーブ運河の対岸へと
 足を運んだ。
 ここには クイティアオ・ルアと呼ばれているアユタヤスタイルの少し辛めの
 ナムトッグ入りの麺の屋台がある。
 このスタイルの麺は量が少なく、わんこそばのように何杯もお変わりして食べるものだ。
 これを食べるつもりで センセーブ運河脇の屋台へとやって来た。
 簡単に食べることが出来るかと思ったら 凄い人である。
 麺の屋台の隣には タイ飯の店もある。昼時だけ開く店である。

 この近辺で働くタイの人たちが、昼飯を食べにやってきており、その数は増すばかりだ。
 やっと席を見つけて座り込むが、テーブルの上には食べ終わったばかりの皿類が
 山のように重なっている。
 あまりの忙しさに、皿洗いも追いつかないようだ。
 注文はしたが、忙しい昼飯時、注文したものはなかなかやっては来ない。
 私は別に時間に追われているわけではないので、周りの様子をのんびり眺めることを
 楽しむことにした。
 短い昼飯のための休憩時間であるが、タイの人たちは急ぐ様子もなく のんびりと食事を
 とっている。
 大半の人が アユタヤスタイルのクイティアオ・ルアと ご飯の上に炒め物を載せた
 ものか、焼き飯を注文して食べている。
 二つ頼んでも50バーツ以下(120円)のものだ。
 タイの人たちの昼飯にかける費用は大体50バーツ以下のようだ。
 アユタヤスタイルの麺は 1杯12バーツ、海老入り焼き飯は 目玉焼きをつけて
 35バーツ、目玉焼きなしが30バーツ、白いご飯に炒め物を載せたものなら
 20バーツぐらいのものだろう。

 私はといえば アユタヤスタイルの麺、2杯(12バーツx2)と目玉焼きを載せた
 海老入り焼き飯(35バーツ) 合計59バーツ(約150円) 麺一杯は余分だった。
 少し砂糖が入っていたが、ここの焼き飯は なかなか美味しかった。

 不景気の影が忍び寄ってきているタイであるが、こうした昼飯時のための
 安価な食べ物の店がどこにでもあるというのはありがたいことだし、
 庶民のための救いでもある。
 ごく当たり前のものを 贅沢もせず、美味しくありがたく食べるというのが
 生活の基本ではないかとつくづく思ってしまう。

 お腹も一杯になったので 店の裏にある小さな広場に行ってみると、
 桃色の桜を思わせるような桃色の花を咲かせた樹が一本あった。
 日本の5月を彷彿させる気候とこの花は 日本の春を思い起こさせてくれた。
 この快適な天候もいつまで続くというのだろう。
 北部のタイでは 寒さに慣れない人々の凍死が相次いでいる。
 暑い気候慣れたタイの人たちは 簡単に寒さに適応できない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ





バンコク 食べ物 | 14:19:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。