■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク ネパールの計画停電は 1日16時間に
 ここのところ、バンコクでは朝夕 肌寒い日が続き、昼間以外であれば、扇風機も
 いらない生活だ。
 日本人である私が、寒いと感じるくらいだから、バンコクで生活するタイ人にとっては
 なお更のことだろう。
 こんなことは バンコクでは珍しい。
 やはり、世界的な天候異変が影響しているのだろうか。

 1発の後半には ネパールのカトマンズに行く予定だが、11日、今日から計画停電が
 1日16時間に延長されるという話である。
 旅行者の集まるタメル地区に限れば、以下のとおりである。

  日曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
  月曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
  火曜日 08:00-16:00 20:00-04:00
  水曜日 08:00-16:00 20:00-04:00
  木曜日 08:00-16:00 20:00-24:00
  金曜日 00:00-08:00 12:00-20:00
  土曜日 00:00-08:00 12:00-20:00

 こうなると全くきちがい沙汰で 停電時間を発表するより、電気来ている時間を
 発表する方がわかりやすいぐらいである。

  日曜日 00:00-04:00 12:00-16:00
  月曜日 00:00-04:00 12:00-16:00
  火曜日 04:00-08:00 16:00-20:00
  水曜日 04:00-08:00 16:00-20:00
  木曜日 00:00-08:00 16:00-20:00
  金曜日 08:00-12:00 20:00-24:00
  土曜日 08:00-12:00 20:00-24:00

 というわけで電気の来ている時間のスケジュールを表せば、このようになる。
 日、月曜日の夜中の12時から朝4時間で、木曜日の夜中の12時から朝8時までの
 時間帯、一体誰が電気を使うというのだろう。
 この時間を差し引くと、1週間で電気が使える時間は44時間、他にも朝4時から
 朝8時という時間帯もある。
 この時間帯の中の朝4時から朝6時までというのも 大半の人間は寝ている時間である。
 となると、電気が実質使えるのは 更に4時間を差し引いて、週40時間ということに
 なる。
 こんなことでは、カトマンズという人口2百万を越える都市は機能しないことになってしまう。

 いつもの年であれば、雨期の最中、停電はなかったが、去年あたりからは、
 雨期の間も、雨期明けの水の十分にある時期も停電が続いていた。
 それにもかかわらず、何一つ対策を立ててこなかったネパール政府である。
 政党間の権力争いのことばかりに明け暮れ、国民生活には全く眼を向けてこなかった
 ことの姿が、異常な計画停電に象徴されている。

 水と電気の供給は、国民生活の基本である。
 人口の多い都市では、水が十分に供給されなければ、不潔さから、病気の原因にもなるし、
 電気がなければ、夜の治安の維持も難しくなる。
 電力不足から、様々の産業が立ち行かなくなっている。
 当然、多くの失業者も生まれてくるだろう。
 その上、世界不況、外国への出稼ぎによって外貨を稼いでいたネパール人たちも
 仕事を失い、ネパールに帰ってくるだろう。
 生活に困れば、犯罪に手に染める人間も増えるだろう。
 電気、水の不足は 観光客の足をも遠ざけるだろう。
 ネパールの観光産業は 今 計画停電から大打撃を受けているだろう。

 このことを今の政府は真剣に受け止めず、自らの保身ばかりを考えている。
 戦では力を発揮したマオイストも国家運営という高度な作業では、無能振りを見せて
 いる。
 今年でネパールとの付き合いも26年目に入るが、こんなひどい状態は今までなかった。
 衣食住の充実を期待して、マオイストを支持してきた国民もこんな状態では、
 マオイストに背を向けてしまうだろう。
 マオイストの党首 プラチャンダ、ダハール首相の化けの皮がはがれてきたようだ。
 口ばかりを使ってうまく立ち回るバウン族の本性、張ったりばかりの巧言、
 実行力のなさが 今露呈してきている。
 国が大変な状況にもかかわらず、ダハール首相は太る一方で、苦労で痩せた姿は
 見られない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



旅の情報 | 11:43:42 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんにちは。
それにしても、すごい停電ですね。
明かりだけなら、時にはろうそくの光でも間に合うことがありますが、
動力用の電気までストップしたら、国民生活は大変でしょうね。
冷蔵庫の電源が入らないと、買いだめも出来ないし、保存も出来なく
なりますからね。
今月末頃ですか、カトマンズ行きは?大変な生活になりそうですね。
2009-01-11 日 14:25:53 | URL | machan [編集]
凄いことになっているでしょう。
こんな状況の中でも政府首脳が危機感を全く感じていないというのが
これ又、凄い。
私からすれば、冗談は止めてほしいと思ってしまいます。

電気のスケジュール表を眺めて、どうやって生活していこうかと
考えています。
ネパールの実態をきちんと伝えて行きたいと思いますから、
インターネットの使用は不可欠です。

睡眠の時間をうまく調節しなくてはなりません。
疲れそうです。
2009-01-11 日 14:37:22 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。