■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 正月2日目 再び中華街へ‐2
バンコク 正月2日目 再び中華街へ‐2 1

バンコク 正月2日目 再び中華街へ‐2 2

バンコク 正月2日目 再び中華街へ‐2 3

バンコク 正月2日目 再び中華街へ‐2 4

バンコク 正月2日目 再び中華街へ‐2 5

バンコク 正月2日目 再び中華街へ‐2 6

バンコク 正月2日目 再び中華街へ‐2 7

バンコク 正月2日目 再び中華街へ‐2 8

 ロッド運河に沿って上っていくと 段々 旧王宮へ近づく。
 周辺から中心へと向かうことで歴史を遡行しているのである。
 このあたりには貴族の屋敷や王族の古い屋敷が点在している。

 オンアン運河の手前にある東北イサン風の牛肉ラーメンの屋台の椅子に座り込み、
 25バーツの牛肉麺を注文する。
 すぐ近くには ラーマ5世の息子であった人の古い屋敷がある。
 A氏は最初のうちは 大丈夫かと怖がっていたが、覚悟を決めて食べ始めると、
 意外と美味であることを知り、喜んでいる。
 近くにある王宮広場周辺は 立ちんぼうの娼婦たちの溜り場だ。
 運河の脇には 仕事にあぶれた路上生活者たちも多く寝そべっている。
 怪しげな雰囲気の場所であり、夜にはとても歩ける場所ではない。

 オンアン運河に沿ってチャオプラヤ川のほうに向かい、中華街の方へと歩き始める。
 その一角にラーマ5世の建てた棟割長屋がある。
 150年前に王室の財政再建のために 1階が店、2階が住居の棟割長屋を中国人達に
 賃貸ししたものだ。
 こんな王室財産である棟割長屋が 運河周辺には数え切れないくらいある。
 この棟割長屋は食べ物でも有名な場所だが、今は正月、大半の店は休みだ。

 豚の練り物(ルークチン・ムー)の串焼き、肉まんをほお張りながら、二人で歩く。
 旧中華街はすぐ近くだ。
 旧中華街の店はほとんど休み、屋台だけが目立つ。
 今の中華街の中心 ヤワラートに入ると 路上の至るところが屋台である。

 タイすきで有名な店テキサスの近くの海鮮料理の屋台に座り込み、マングローブ蟹、
 ムール貝、赤貝、トムヤム・タレー・ルアムビットを注文して、シンハービールを
 飲みながら、ヤワラートの夜を満喫した。
 すぐ近くで馬鹿騒ぎしている薄汚れた服装の若者を見ると、日本の若者だった。
 酒も飲まず、大騒ぎをするこの頃の若者気質は理解を超えている。

 ビールの宵を覚ますために、カラッカダー・イーシップソン・ロータリーへと向かう。
 日本人旅行者の溜り場だったこの界隈も至って静かだ。
 15年前には ジュライホテルの前には 旅行者相手の屋台が建ち並んでいたが、
 今はひっそりと静まり返っているだけである。
 安ホテル前に立つ娼婦たちが 流し目を送ってくる。
 ジュライ、楽宮が閉鎖したこのあたりには昔の勢いはない。
 往時のこの近辺のことを説明しながら、スリクルンホテル近くのバス停に向かう。
 仕事一筋で生きてきたA氏にとっては、異質な空間だろう。
 亜熱帯の国特有の濃厚な空気、熟れきった果実のようなとろける匂い、そんな雰囲気が
 いたるところに漂っていた中華街だった。

 まだ宵の口ではあるが、明日の朝のA氏のフライトは早い。
 73番のバスに乗って MBKセンターへと向かった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 12:29:41 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
ご紹介されているような猥雑な雰囲気は思いっきり好きです。最近できた整備された街よりも、長年にわたり人が群れ集って住んできた町の方こそ、気が休まります。
2009-01-06 火 18:29:08 | URL | 西森憲司 [編集]
猥雑な中でお互いに許しあい、支えあって生きているそんな姿が、
まだ、タイにもネパールにもあります。
それが魅力で このあたりを歩き回っているのだと思います。

街が整然とすればするほど、生き生きとした人間の生活や匂いが
失われ、人々は孤独になっていくのは不思議なことです。

本当は誰もそんな社会や街など望んでいないのかもしれません。
2009-01-06 火 18:39:10 | URL | ひかるの [編集]
ジュライは2,3回泊まりましたがもうないそうですね。
確か日本人旅行者用の部屋があったように記憶していますが。。

ひかるのさんの言葉をブログで引用させていただきました。
内容に不都合がありましたらご連絡ください
2009-01-07 水 01:58:16 | URL | なな [編集]
構いませんよ。引用して頂き、喜んでいます。
年々、いい布がなくなりますね。

昨日は バンコクのリバーシティという骨董品の店の集まってきている
ビルの中を覗いてきました。
いい布はなく、新しい布をアンティークといって売っていました。

何に利用されるわけでもなく、捨て置かれているジュライホテルや
楽宮ホテルを見るのも切ないですね。
灯の消えたような寂寥感が漂っていました。
2009-01-07 水 02:27:31 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。