■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネパール情報 ネパールの計画停電は 1日10時間に
ネパール情報 ネパールの計画停電は 1日10時間に 1

ネパール情報 ネパールの計画停電は 1日10時間に 2

 日本滞在も後10日残すだけになった。
 こんな時期に入ると、これから向かうバンコクやカトマンズのことが気にかかり始める。
 カトマンズでは 1日7時間の計画停電が 1日10時間になっているという話である。
 バンコクでは 民主党主導の新政権が出来たが なかなか前途多難のようだ。
 私が行く12月30日までは大きな混乱が起こらないことを祈るだけである。

 それにしても ネパールの1日10時間の計画停電には恐れ入る。
 電気の不足は ここ4,5年前から顕著だったが、それが解決の方向には向かわず、
 放置されていたとは・・・。
 マオイストのダハール首相はこのままでは 1日18時間の計画停電もありうる、
 それを避けるためには 至急火力発電所を作る必要があると言う。
 はったりばかりをきかせる御仁であるから、どこまで真実を述べているのか、
 外国からの援助を期待して、大げさに言っているのかよくわからない。
 確かに雨の降らない乾期には水力発電に頼るネパールでは、ダムの水量が落ち、
 電力の供給量が減るのは いつものことだが、昨年まではそんなにはひどくはなかった。
 このダハール氏(別名プラチャンダ)、首相になって とみに贅沢になったと聞いている。
 貧しい庶民の味方を標榜したマオイストの党首であるが、今はわが身を護ることに
 汲々としているばかりで 国の実態をどこまで把握しているのか、疑いさえ抱く。

 カトマンズの計画停電は地区ごとに時間帯がことなるが、旅行者の集まる
 タメル地区では以下の通りである。

   日曜日 10:30-16:30 21:30-01:30(+1)
   月曜日 20:00-23:00
   火曜日 00:30-06:30 16:00-20:00
   水曜日 02:30-08:30 16:15-20:15
   木曜日 04:30-10:30 16:30-20:30
   金曜日 06:30-12:30 17:00-21:00
   土曜日 08:30-14:30 17:30-21:30

 冬の寒い暗闇の中で過ごす生活を考えると、ぞっとしてしまう。
 私などは カトマンズでは独り暮らしであるから、毎日の夜の停電中の4時間は
 やたら長く感じられる。
 この計画停電の時間表を見ながら、どういった生活をしようかと考えている。
 それと同時に水道水の供給はどうなるのかも気にかかる。
 電気がこなければ、モーターを使うことも出来ず、水道水を引き込むことも出来ない。
 前回の滞在の際は 地下水のくみ上げ用のパイプが壊れ、地下水をくみ上げることが
 出来ず、水には苦労した。

 水と電気が来ないとなったら、これはかなり、サバイバル生活になってしまう。
 お金に余裕のあるものは 停電のための大型のバッテリーを買うなり、発電機を
 買うなりすればいいし、水もタンクローリーの水を買えばいいが、
 私などは そんな生活からは無縁である。
 1日10時間の計画停電、これで首都カトマンズが機能できるほうがおかしい。
 この国は 一体どこに向かおうとしているのだろうか。
 1日10時間の停電で、治安の悪化も考えられる。
 一般的な観光客だって、1日10時間の計画停電には恐れをなすだろう。
 ここ2,30年の政府の無策が一時に問題を拡大してきているネパールである。

 世界金融危機の中で、外国に出稼ぎに行っているネパール人たちも仕事を失い、
 外貨の獲得も難しくなるだろう。
 これから、ネパールに向かう旅行者の皆さん、安全には 充分に気をつけてください。
 私も人事ではありませんが・・・。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ネパールの事情 | 09:05:03 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんにちは。
ネパールの停電は大変そうですね。同じ地区でも、曜日によって、毎日
停電時間が異なれば、覚えられないですね。忘れてしまいそうです。
それにしても、一日10時間の停電はきついですね。
政府は、電力不足をもっと真剣に考えないとダメですね。
効率のいい発電所の建設、水力か火力か、水力でも水を汲み上げて
行う揚水式も考えられるし、ほんとに国民生活のことを考えているのか
疑問に思います。
2008-12-21 日 11:48:28 | URL | machan [編集]
毛沢東主義の共産党主導の政府が出来て、少しはまともになるかと思いましたが、新しく政府の首脳になった幹部(バウン族高カーストの僧侶階級)は、贅沢の味を覚え、従来の政府と同じになりました。

前回の滞在のときは 1日6時間の停電でしたから、私の住んでいる
地区とカトマンズの中心部で停電時間が異なり、上手く調整して生活していましたが、ここまで来ると、どうにもなりませんね。

火力式の発電所だと、今の3,4倍の経費がかかるそうです。
東南アジア、南アジアで今でも1番高い電気代、これ以上の電気代の
値上げがあれば、これも大変です。

ここまで無策な政府などないほうがいいと思えてきます。
2008-12-21 日 12:06:12 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。