■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 展示会2日目
 雨模様の中で展示会の2日目が始まる。
 そのせいか、展示会に訪れる人も少ない。
 それだけでなく、世界金融危機、世の中の不況の影が 展示会にも影響を
 与えているようだ。
 15年前、20年前の過去の展示会に比べても 勢いがない。
 年々、手紡ぎ、手織り、手仕事に関心は 日本の社会から薄れていっているのだろう。
 
 インドの砂漠地方 ラジャスタンやグジャラートのアンティーク刺繍の手仕事の布類は
 かなり水準の高いものだと思っているが、販売となるとなかなか難しい。
 シルクサリー類も 日本ではなかなか見ることの出来ないもので、20年の月日の中で
 集めたものだけれど、なかなか人が集まってこないのは、少し落胆してしまう。
 日本の時代の流れが 私の思っていたものとは変わってきてしまっていることに
 改めて気がつく。

 今日は ブログを読んでくださっている方が 二人お見えになった。
 中国の中華民国時代(1912年から1946年)に チベットからの注文で織られた
 珍しいチベットタンカをわざわざお見えになれた方、鎌倉から2時間かけて、
 野蚕シルクの洋服をお求めになるためにやってこられた方、
 雨の中、ありがとうございました。

 気分転換をして 明日、又、がんばろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




展示会 | 00:56:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。