■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インドの布 ラジャスタンの刺繍  刺繍のバッグ
インドの布 ラジャスタンの刺繍  刺繍のバッグ 1

インドの布 ラジャスタンの刺繍  刺繍のバッグ 2

    22cm x 18cm

 ラジャスタンのこの刺繍は、単純な技法から、
 複雑な模様を描き出す時間のかかる刺繍である。
 根気だけがこの刺繍を可能なものにする。
 ミラーを使い、糸を使って施す刺繍はなかなかシックである。


 日中、暑い日の照りつけるビカネールの街の中を歩き回る。
 夏のラジャスタンの午後の暑さの中を 歩き回る人々の姿はない。

 このビカネールの街の中にあるマハラジャの王宮に向かって歩く。
 街の中で唯一の大きな建造物である。
 王宮では人の姿はなく、たったひとりの王宮見学だ。
 ただ建物があるだけで 貴重な工芸品の姿はなく、
 大理石を使った豪華なモザイク細工の壁や天井、床だけが印象的だった。
 インドはどこまでも石の文化であることがわかる。

 次の日には ジョードプルからやってくるジャイサルメール行きの列車の
 停車するパロディという街まで、バスで移動した。
 ローカルバスは 砂漠の荒地の中を走る。
 ビカネールからパロディに向か途中には インドでも有名な塩の生産地がある。
 この砂漠の地 ラジャスタンは 大昔 海であったといわれている。
 そのために 砂漠の地中には 多くの塩が埋まっている。
 その塩を取り出して、精製するのである。
 ラジャスタンの地下水の塩気の強さは、ここから来ている。

 夕方近くになって、パロディの町に到着した。
 砂漠の中の城塞都市 ジャイサルメール行きの列車は 
 このパロディに真夜中にやってくる。

 中途半端な宿泊だが、真夜中まで 一部屋を借りる。
 機会があれば、体力を回復しないと 身が持たない。
 暑さにやられて 好奇心まで希薄になっており、
 どこかしこを探検する気は 起こってこない。
 それでも ホテルの周りを歩いてみるが、
 何一つ心を動かすことのない殺風景な街並みだった。
 身体を休めて ひたすら 真夜中の列車を待つだけだ。

 真夜中に列車が やって来た。
 重いリュックを背負い、列車に向かって走っていく。
 停まった列車には 多くの人々が集まり それに乗り込もうとしている。
 私も列車の入り口を目指し、争いながら、列車の中に乗り込む。

 ジャイサルメールまでの数時間の列車の中で どう過ごしたのか、全く記憶にない。
 椅子に座れたのか、床に座り込んだのか、眠ったのか、眠れなかったのか 
 そのことが 一つも思い出せない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



インドの刺繍布 | 11:36:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。