■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
展示会 インドサリー、インドシルク布の洋服
展示会 インドサリー、インドシルク布の洋服 1

展示会 インドサリー、インドシルク布の洋服 2

インドサリー、インドシルク布の洋服 4

展示会 インドサリー、インドシルク布の洋服 3

 インドサリーやインドサリーの売れ残りをもう一度、ネパールに運び、
 それを使って、洋服を作ってみた。
 オーガンジのインドサリーを使って、ジャケットコートを作ってみたり、
 部分的に使って、Tシャツ風のベストを作ってみたりした。

 昔はネパールに洋服作りの工房を持っていた。
 布の仕入れ、糸、ゴム、ファースナ、洋服の芯、裏地の仕入れ、洋服のデザイン決め、
 すべて一人でこなしたものだった。
 自転車でバザールを回り、シルク布を売っているマルワリ商人の店を回る、
 ネワール商人の洋服素材の店で仕入れる。
 1、2ヶ月のネパール滞在で 次の商品のための用意をするなどの仕事もあり、
 気の休む暇はなかった。

 独りで仕事をするには限界があることがわかり、縫い子がインドに帰ってしまったのを
 機会にやめてしまった。
 洋服で商売をしていくためには、デザイナー、パタンナー、販売とチームを作って
 いかないと、やれるものではないこともわかった。
 神経と手間はかかったけれど、儲けのない仕事だった。
 身に着けたものはといえば、シルク布に対する知識、素材を仕入れる方法などだ。
 今回の展示会で展示する洋服類は そんな時代の自分史のようなものである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



展示会 | 00:47:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。