■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
展示会 ネパールのウールセーター
東京 展示会 ネパールのウールセーター 1

東京 展示会 ネパールのウールセーター 2

東京 展示会 ネパールのウールセーター 3

東京 展示会 ネパールのウールセーター 4

東京 展示会 ネパールのウールセーター 5

東京 展示会 ネパールのウールセーター 6

 『アジアの布展 インド刺繍の世界』の展示会まで、
 残すところ数日になってしまった。
 6日にはギャラリーへの展示品の搬入、7日には会場の設営と 
 気持ちばかり、あせってくる。

 値札をつけ、ダンバールに入れ、アイロンがけの必要なものにはアイロンをかける。
 今までのんびり構えていたから、ここに来て大忙しである。

 今回の展示会で ネパールのウールセーターも展示しようと思っている。
 手紡ぎ、手編みのウール100%のセーターである。
 羊毛は チベットウールとニュージーランドウールの混毛の手紡ぎ糸だ。
 編みも カラフルなものでなかなか凝った編みこみ模様である。
 ネパールでは 品質の1番優れている店のセーターである。

 昔はネパールのセーターといえば、チベット毛だけの毛糸で織られていて、
 弾力性のないチベット毛で編まれたセーターは 着ているうちにどんどん伸びてきて、
 Mサイズが、いつの間にかXLサイズになるといったセーターであったが、
 今回、展示するセーターはそんなことのない1級品である。
 少し、厚手であるが、暖かさは保障済みである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



展示会 | 09:34:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。