■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京から タイの行方‐6
 ― 民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は2日18:30過ぎ、
   3日10:00を持ってスワンナプーム国際空港及びドンムアン空港で展開
   している集会活動を中止すると発表した。

   同日憲法裁判所の3党解党決定により、活動目標だった憲法改正の阻止、
   政府の退陣が達成された事を中止の理由にあげた。

  但し、タクシン体制の復活を目指す政府を組織する動きや私益の為の憲法改正の
  動きがあり次第再度活動を再開せる用意があるとした。  ―

 
 政治的な問題は別にして、二つの空港の使用が再開されることになったようだが、
 空港の発着が 正常に行われるようになるまでには 4,5日近くかかる模様である。
 どうにか、私も20日には バンコクに向かえそうだ。

 しかし、それにしても 憲法裁判所の3党解党決定は 想定済みのことだし、
 議席数からしても 再び 首相の指名は 前与党の主導によって行われることは
 わかっていることだ。
 少なくとも今回の行動で 連合(PAD)の市民、国民からの信頼は完全に失われて
 しまったのも事実である。

 12月3日で活動は停止するが、タクシン体制の復活を目指す政府を組織する動き、
 私益のための憲法改正の動きがあり次第、再び活動を開始するというのでは、
 外国人旅行者も安心して タイを訪れることは出来ないだろう。
 今回の連合の活動に対して 何一つお咎めがないなら、もう、タイは法治国家とは
 言えない。
 何百億バーツという損害を 内外に与え、それで手打ちでは、
 あまりにもお粗末な国である。
 これでは 『横断歩道 皆で渡れば怖くない』という世界である。
 軍隊も警察も信用できないことが証明され、力のないものは泣き寝入りということが
 当然の事として行われる。
 これでは プー・ディ(王族・貴族)とプライ(自由民)、奴隷制の残っていた時代と
 どれだけの違いがあるのだろう。
 富裕層、中産階級は何をやっても許されるというのでは、タイの政治の混迷は
 これからも続いていくだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



タイ事情 | 00:03:47 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんにちは。
隠れ蓑の政党をバックにして旧与党が復活した頃に、自分達の都合のいい
憲法改正を計画しているとか。おそらくPADが、これを阻止するために、国会
周辺で妨害工作を始めることでしょうね。
来週初め頃に何か起こるような予感がします。
私も、PADは今回の行動で国民の支持を失ったと思います。プミポン国王の
誕生日で、一時的に撤退しただけだと思っています。
20日にタイへ行かれるとのことですが、また、現地の様子をお知らせ下さい。
2008-12-03 水 11:43:02 | URL | machan [編集]
軍事政権下で行われた新憲法発布は、あまりに旧支配階級に
都合のよいように作られているようです。

部分的な改正は必要なようです。
連合も連盟も 結局は自分たちの利益しか考えていませんから、
本当に庶民が安定した暮らしを得るには 遠い道のりのようです。

日本もそうですが、村おこしを真剣にやっていかないと、
正常な政党政治は 難しいですね。
2008-12-03 水 11:58:58 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。