■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インドの布 グジャラートの刺繍 カッチのバッグ‐3
インドの布 グジャラートの刺繍 カッチのバッグ‐3  1

インドの布 グジャラートの刺繍 カッチのバッグ‐3  2

インドの布 グジャラートの刺繍 カッチのバッグ‐3  3

インドの布 グジャラートの刺繍 カッチのバッグ‐3  4
  上のバッグ 33cm x 32cm   下のバッグ 31cm x 25cm

 グジャラート州のカッチ地方の刺繍を施したバッグ、
 刺繍は 砂漠の女たちのおしゃれだ。
 砂漠の太陽の光に反射して、きらきらと光るミラー
 小物入れのようなこのバッグに
 女たちは何をいれていたのだろう。


 汚い部屋と塩気の強い飲み水、これだけで砂漠の町メリタから逃げ出して
 しまいたくなる。
 真夏のラジャスタンの砂漠の町メリタには見るべきものは何もない。

 しかし、乾季の12月を過ぎると、この町や隣村のプシュカルでは 
 盛大な駱駝市やメラ(祭り)が開催され、多くの人々が 
 各地から集まってくるという。
 そんなときには、町は一変して 別物に変わってしまうのだろう。
 しかし、真夏のメリタの町は ただのひなびた生気のない町だ。

 朝 起きだし、この町から逃げ出すように隣の町 ナゴールへと移動した。
 この町は、メリタとは違って、活気があり、それなりに施設の整った安ホテルもあった。
 当時のインドルピーで一泊40ルーピー、日本円で5百円ぐらいだったように
 憶えている。

 受付でお金を支払い、階段を上っていくと、その踊り場には 大型扇風機からの
 風で 無数のハエが床にへばりついていたのを思い出す。

 部屋は 2階のシングルルーム、ベッドが一つ置かれ、浴室も部屋にはある。
 水道の蛇口をひねると 水も出る。
 その水の味を確かめてみるが、やはり塩気の強い水である。

 窓を開け、外を眺めてみると、1頭の牛が、死んだように横になっている。
 どう見ても死んでいるようにしか見えない。
 それが本当かどうかは、時間がたてばわかると思い、街の中を散策する。
 この町も 同じように暑い。

 市場辺りを目指して歩き始めると、一人のインド人がネパール語で話しかけてきた。
 私を見て、ネパール人だと思ったらしい。
 彼はネパールに住んでいたことのあるマルワリ商人だった。
 彼も、こんな名も知れぬ町にやってきているのは モンゴリヤン系のネパール人だと
 思ったのだろう。
 ネパールでも商売をしていたらしく、懐かしくて声をかけてきたらしい。
 まさかこんな辺境の土地に 日本人がいるとは 考えも及ばなかったのだろう。

 私もこの頃は 少しはネパール語も話せるようになっていたので、
 ネパール語で会話を進め、街の中を案内してもらった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


インドの刺繍布 | 01:28:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。