■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京から バンコク ソムチャイ首相はチェンマイに
 相変わらず、解決の目途の立たないタイの国情である。
 非常事態宣言が発令されたのはいいが、その法の趣旨にあった対応が出来ないことに
 今のタイの現実がある。
 この調子だと、いつスワンナブーム国際空港の業務が再開されるのか、定かではない。
 パタヤ近くのタイ軍のウタパオ海軍基地での民間機の発着が本格化してきている
 ようだが、国際空港の代わりにはならない。

 ただ考えられるのは 12月5日が タイの国王の誕生日であることから、
 それまでには、空港封鎖も解決の方向に向かうのではという楽観的な予測もある。
 しかし、それは 元タクシン派政権の退陣か 軍のクーデターによる新政権の樹立
 という形でしか方法はないように思われる。
 しかし、この経済危機の中で、国を運営していくだけの能力が 軍にはないことは
 2年前のクーデター後の国の運営ぶりで 証明されている。

 首相府を連合(PAD)に占拠され、その代替として設置したドンムアン空港も
 連合(PAD)に封鎖され、動きの取れなくなっている現政権である。
 パタヤ近くのタイ軍のウタパオ海軍基地での民間機の発着が本格化

 ペルーで開催されたAPAC首脳会談への出席を終え、26日に帰国したソムチャイ首相  
 も 混乱を避け、チャンマイに閣僚たちを集め、チェンマイから指示を与えるという
 異常な事態になっている。
 北タイや東北タイでは 連合(PAD)も手を出せないというところに 地方と
 バンコク、バンコク周辺の対立の構造を見ることが出来る。

 政府の指示通りに動かない軍部、まだ可能性のある警察組織を動かせば、
 再び非難の嵐を引き起こすことから、身動きの取れなくなっている現政府である。

 タイには 枢密院という組織がある。

 ― 枢密院は王の顧問官である。国王は枢密院議長1人および枢密院顧問18名を
 意のままに勅命によって任命・解任出来る(12、13、14条)。
 枢密院議長が議長として公務を行うことが出来ない場合は顧問の内誰か一人が
 代行する(20条)。後述するように、王位継承者の選定は国王に権限があるが、
 顧問官は、王室典範で言及される王位継承者の人格を国王に指摘する事が出来る
 存在であり、国王に大きな影響を持つ存在といえる。―

 現在の枢密院議長は プレム元首相である。
 彼についての略歴は次のものである。

 ― 1920年、南部ソンクラー生まれ。
   1978―1980年陸軍司令官、1980―1988年首相。
   プミポン・タイ国王の信頼があつく、1988年の退任時に、枢密顧問官に任命される
   とともに、「ラタブルット(国家功労者)」の称号を受けた。1998年から枢密院議長。
   タイ枢密院はタイ国王の諮問機関。  ―

 この人物、現在 88歳の高齢であるが、王室、軍、貴族を中心とした財閥、王室と
 かかわりの深い昔からの中国系タイ人たちの経済界、いわゆる昔からの支配階級に
 大きな影響力を持っている人間である。
 2006年9月19日の元タクシン首相追放のクーデターの裏には 彼の指示の下に
 行われたという噂もあるし、連合(PAD)の影の指導者であるとも言われている。
 現王室に大きな権威をもたらしたのも 彼の功績によるものが大きい。
 王室の権威回復の努力を合わさって、王室も現在の権威の象徴になったのである。

 現在 連合(PAD)の中心的な指導者 チャムロン元バンコク知事も 
 プレム枢密院議長が首相であった当事、首相秘書官をしており、
 二人の結びつきは強い。

 そんなことから 連合(PAD)-軍-中国系タイ人(潮州系)財閥-元貴族階級
 -枢密院-王室というつながりが見え隠れしているように思えるがどうだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



タイ事情 | 15:33:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。