■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京から 閉鎖されたスワンナブーム国際空港
 26日からタイの国際空港 スワンナブーム国際空港が PAD(連合)による
 デモにより、閉鎖に追い込まれたようである。
 この連合という組織 反政府派市民団体『民主市民連合』
 英語では『the People's Alliance for Democracy』となるらしいが、どう考えても
 民主的な団体とは思えない。

 タクシン元首相の汚職に対する追及とその解決を目的にしているようだが、
 今の政権が タクシン元首相派の政権であるという理由だけで、その政権打倒に
 向けて、市民生活、外国人に支障を与えるデモが許されるとは 到底 思えない。
 首相官邸占拠、挙句の果てにスワンナブーム国際空港、ドンムアン空港占拠と
 自分たちの要求が受け入れられなければ、エスカレートした行動に出て行く姿を
 見ていると、この団体が民主主義を求めている団体であるとは、考えられない。
 軍がクーデターを起こして、現政権を一掃してほしいことを希望したりするようでは、
 どこに民主主義があると考えているのだろう。

 バンコクが国の王都、首都になって2百年余りの月日が流れた。
 19世紀中期に40万人だったバンコクの人口も1千万を超えたという話もある。
 その間、王族、貴族、軍、警察、中国人の住むバンコクは 
 タイの富が集まってくる場所だった。
 米、チーク材は輸出の中心であり、中国人を仲介にしてバンコクは繁栄してきた。
 1932年の立憲革命、その後のサクディ・ナー制の廃止までは、地方農民の移動は
 許されておらず、バンコクの人口も百万人にも満たなかったようだ。
 タイの利権のすべては バンコクの王族、貴族、軍、警察、中国商人の下に集中し、
 そこに住むバンコク市民もその恩恵を受けていた。
 一方、地方農民は 税に苦しみ、奴隷に身を落とすものも少なくなかった。
 軍、警察に押さえ込まれた農民たちはその苦しさに声を上げることも出来ないくらいに
 虐げられていた。
 そこにバンコクと地方の格差を生む要因があったのである。

 今回の連合(PAD)の中心になっている人たちは、この旧支配体制に属する人たちであり、
 タイの民主化以降 旧タクシン政権によって、利権を奪われてきた人々である。
 奪われた利権を取り戻し、それを恒久化しようとしているようにしか思われない。
 下院議員の70%を任名制にして、30%を選挙で選ぶという憲法改正を要求して
 いることからも、そのことが窺われる。
 バンコク中心主義の過去の世界への回帰を願っている人々である。

 一方 連盟、親政府派の団体は 地方特に北部、東北部を地盤に持つ人々で、
 旧タクシン政権の下で力を得てきた新勢力である。

 ここを理解しなければ、タイの今の混乱は見えてこない。
 このことを理解すれば、王室や軍が 簡単に動けないことも見えてこないだろう。
 警察は 元タクシン首相が警察出身ということで 内部に元タクシン首相の影響を
 受けているものが多いが、王室、軍との関係で簡単に動けない状況にある。

 人口1千万人のバンコクで、たかだか2,3万人の集団が ここまで力を持っている
 というのは、この辺に問題があるのである。
 デモ参加者の多くが 日当をもらって参加しているというのは、バンコク市民の周知の
 事実である。
 それを差し引けば、本当の支持者の数はもっと少ないだろう。
 日当5百バーツということだから、1万人を動因しても1日5百万バーツの出費である。
 空港閉鎖で 1日6千万バーツの損失、それはタイ航空関係だけであるから、実際には
 その数倍にも上るだろう。

 この世界金融危機の最中、こんな状態をどこまで続けることが出来るのか、何も手を
 打つことが出来なければ、今以上のタイの経済危機は 避けることは出来ないだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



タイ事情 | 20:21:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。