■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 染織ギャラリー 『TEORIYA』
東京 染織ギャラリー 『TEORIYA』

 今回 『アジアの布展 インド刺繍の世界』というテーマで開く展示会の会場となる
 ギャラリーTEORIYAとの付き合いは もうかれこれ20年になる。
 今回の展示会の前にも 2回ほどお世話になっている。

 TORIYAとの付き合いというより オーナーの多田米子さんとの付き合いといったほうが
 正しいだろう。
 委託で 布や服を預け、お世話にもなり、ネパール、インド、タイから日本に帰ると
 いつもお邪魔していたし、布知識を得るには格好の場所だった。
 多田さんは時間が許せば、日本の布の産地のみならず、アジアの国々、南米の布の産地を
 旅行し、その旺盛な知識欲にはいつも驚かされている。

 年齢も80歳を超えたようであるが、つい最近もミャンマーへ出かけ、
 現地の布の工房を見学してきたらしく、布に対する好奇心、知識欲は
 一向に衰える気配はない。
 売るための布の仕入れという気持ちは さらさらないらしく、
 布の産地を訪れるのも まったくの布に対する純粋な知識欲からだ。
 儲けようという気はさらさらなく、布の紹介、工芸の世界を 皆に広めていきたい
 という気持ちだけで ギャラリーを続けてこられたという人である。
 以前は 常設の織物も展示されていたが、今は催しの展示だけになってしまった。

 草木染、手紡ぎ、手織りの確かな技術もあり、今でも手紡ぎは日課の毎日である。
 80歳を過ぎても織物に対する情熱は衰えることもなく、がんばり続けておられる。

 今は 長年にわたって収集してきた布のコレクションの組織図を 専門家に
 解明してもらって、それを本にすることの手助けをしておられる。

 織物一筋に展示してきた東京では 稀有のギャラリー『TEORIYA』も
 多田さんの代で終わってしまうようだ。
 身体が元気なうちは 頑張りぬくという覚悟のようだが、
 とにかく 少しでも長く続けてもらいたいものである。

 多田さんにとっても 同じことだろうが、
 出会いからの20年という歳月は瞬く間に過ぎてしまった。
 まったく出会いというものは不思議なものである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 11:33:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。