■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータンの布 ブータン布で作った作務衣
ブータンの布 ブータン布で作った作務衣 1

ブータンの布 ブータン布で作った作務衣 2

ブータンの布 ブータン布で作った作務衣 3

 もう20年も前のことだ。
 ブータンの野蚕の手紡ぎのセタと呼ばれるキラを使って、
 作務衣を作ってもらったことがある。
 目の詰まった厚地のシルク布だったので縫うのは大変だったと思われる。
 手縫いであったから、余計である。

 カトマンズにもって行き、何度か袖を通したが、あまりに目立つのでカトマンズで
 着ることは諦めてしまった。
 ブータン布が目立つのではなく、作務衣という服の形が目立つのである。
 本来、目立つことは好きではないので この作務衣はしまいこんでいた。
 世界に一つしかない作務衣である。
 日本では 作務衣は藍染め布と決まっているが、どうして ブータンの野蚕の
 シルク布の作務衣もなかなか洒落ていて貴重なものなので、ブログで紹介することに
 した。

 日本では作務衣は藍染め布というのが定番であることから、
 多くの工芸家が青染めの作務衣を着ているが、少なくとも工芸を目指すものが 
 藍染めの作務衣というワンパターンではステレオタイプで情けないのではと思う。

 ブータンの野蚕の手紡ぎシルクで作った作務衣なら、どこに着ていっても自慢できる。
 その人間の趣味の深さが見えて、彼の創る作品まで 素晴らしいものに見えてくるはずである。
 そんなことを勝手に思っているがどうだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータンの布 | 02:03:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。