■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク モダン・シティライフ
バンコク モダン・シティライフ 1

バンコク モダン・シティライフ 2

バンコク モダン・シティライフ 3

バンコク モダン・シティライフ 4

バンコク モダン・シティライフ 5

バンコク モダン・シティライフ 6

バンコク モダン・シティライフ 7

バンコク モダン・シティライフ 8

バンコク モダン・シティライフ 9

バンコク モダン・シティライフ 10

 今 サイアム・スクウェアといえば バンコクの中でモダンなシティライフを
 代表する場所である。
 BTS高架鉄道の二つの路線が交差するサイアム駅があり、ディスカバリー・センター、
 昔からのサイアムカフェ、その隣には 高級デパート パラゴンがある。

 東急MBKセンターを出発点にして、ラーマ1世道路をスクムビット方面に向かって
 歩いてみた。
 ディスカバリー・センターを見上げていると BTSの高架鉄道を2台の電車が
 走っていく。
 ディスカバリー・センターのそばの階段を下りて、ディスカバリー・センターの横を
 歩いていると、前をタイの女の子と手をつなぎながら、日本の若者が歩いていく。
 大丈夫ですかと少し心配にもなる。

 サイアムカフェを通り過ぎ、高級デパート パラゴン脇の階段を上って、パラゴンの
 2階のフロアに行く。
 デパートの2階フロアの周辺も余裕持って造られており、如何にもお金がかかって
 いますという感じだ。
 タイは 本当にこんなことでいいのかと不安も感じる。
 一部の人間に 富が集中している。
 バンコクのシティライフと地方の格差が 予想以上に開いているのではと感じてしまう。

 パラゴンの中を抜け、スクムビット方面側の出口に向かう。
 そこから、そごうデパートの先まで遊歩道が作られている。
 その遊歩道を歩くと、大きくなったワールド・トレード・センターの横を抜け、
 そごうデパートまで至る。
 この一帯は 一大消費センターになっている。
 この消費センターの建物も 出稼ぎの東北タイ農民の安い労働によって建てられたものだ。
 東北タイの出稼ぎ農民なしにどんな建築現場も成り立たない。

 この遊歩道を歩いている人たちの服装を見ても、ファッショナブルであり、
 如何にも中産階級以上といった様子だ。
 20年という月日の流れは すっかりバンコクを変えてしまい、驚きよりも
 溜め息の方が出てきてしまう。
 ここだけ見るなら、東京よりもモダンに見えてしまう。
 こんな状態が このタイで本当に続いていくのだろうか。
 どこかに落とし穴が あるように思えてならない。
 その一つの兆候が バンコクの政治的な混乱ではないかとも感じられる。

 すべての富をバンコクに集め、繁栄してきたバンコク、
 その影で地方農民は苦しい生活強いられている。
 バンコクにやってきている出稼ぎ農民とバンコク市民との生活の格差、
 バンコク市民は そのことに 眼を向けようとはしない。
 今回の政治的混乱が解決しないのも 自分たちの利権、富を護ろうとしているバンコク 
 の昔ながらの中国人を中心とした市民たちのわがままのようにしか見えない。

 このサイアム・スクウェア周辺の一大消費センターを見ていると、そんな思いになる。
 どう見ても こんな状態が普通であるとは思えない。

 そんな思いに駆られながら、やって来た道を帰ってくると、一本の樹が紅葉を
 迎えていた。
 紅葉なのか、排気ガスにやられたのか、こんな暑いバンコクでも紅葉があるのかと
 不思議な気持ちになった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



バンコク ある風景 | 12:36:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。