■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ アガサ・クリスティ ~ 『五匹の子豚』 から
カトマンズ アガサ・クリスティ 1

カトマンズ アガサ・クリスティ 2

カトマンズ アガサ・クリスティ 3

カトマンズ アガサ・クリスティ 4

カトマンズ アガサ・クリスティ 5

カトマンズ アガサ・クリスティ 6

 アガサ・クリスティは 昔から好きな探偵作家で 暇があれば、蔵書の中から
 選び出しては読んでいる。
 つい最近も何冊か読み、その中で『五匹の子豚』の中に出てくる家庭教師の言葉に
 なるほどと思ってしまった。

 ここに引用すると

 ~ たくさんの子供が、いいえ大部分の子供は、両親が世話をやきすぎるために
  いい影響をうけていないのです。あまり子供をかわいがりすぎて、世話をやきすぎるのです。
  それが こどもにとってはうるさく感じられるため、それからのがれようということばかり
  考えるようになります。
   これはひとりっ子の場合に例が多く、もちろん母親がいちばんの責任者です。
  この子供に対する偏愛の結果、結婚生活に破綻をきたすことも少なくないのです。
  いわば、主人がかまわれないために、慰安を外に求めるようになるのです。

  なんといっても、子供にもっともいいのは、親が愛しながら、必要以上にかまわないという
  “健全な なおざり”を実行することだと思います。
  こういうことは、子供がたくさんいる貧乏な家庭に自然に行われていることです。
  母親はあまり忙しくてかまっている暇がないのです。
  子供のほうは、母親が自分たちを愛してく れていることはじゅうぶん承知していながら
  よけいに世話をやかれないことが嬉しいのです。 ~

   - アガサ・クリスティ 『五匹の子豚』 訳 桑原千恵子 ハヤカワ文庫より -

 
 これを読んで、カトマンズの庶民といわれる貧しい家庭の子どもたち、中流家庭以上の
 子供たち、そして、4,50年前の日本の子供たち、今の日本の子供たちの姿が
 浮かんできた。
 カトマンズの貧しい庶民たちの子供たちは 親の制限をそれほど受けることもなく、
 学校が終われば、自由に遊びまわり、暗くなり、お腹が空くと家に帰っていくという
 生活を繰り返している。
 一方、中流以上の家庭の子供たちは、私立学校、寄宿舎制の学校に通い、
 絶えず大人に監視されている生活の中にいる。
 確かにその大人の監視から逃れようとしていることも確かである。
 ぐれる子供たちはこうした家庭の子供が多い。
 あまりに多くのことを親や周りの大人から期待され、期待に応えられず、
 押しつぶされてしまうこともある。

 ”健全ななおざり“の中で 庶民の子供たちは 生活力、たくましさを身につけていく。
 親による友達の選り好みもないから、多様な人間関係を結ぶことも出来る。
 原っぱで知り合えば、皆、友達なのである。
 こうしてたくましく育った子供たちは 可能性があれば、どんなことでも選んでいく。
 ここ10年以上、ネパールの外国への出稼ぎは増大している。
 中流以上の家庭では、出稼ぎは アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、日本なら、
 世間体がよいし、お金を稼げる。
 マレーシアや中東は 稼ぎも少ないし、自分たちのステータスには合っていないと感じ、
 避ける傾向がある。

 貧しい庶民の家庭の子供たちは そうではない。
 生活向上の可能性があれば、どんなチャンスでも掴もうとする。
 ネパールからコネの世界がなくなれば、実力の世界になる。
 そんなときに力を発揮するのは、彼らであることを期待したい。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 16:41:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。