FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
カトマンズ 金子光晴を読む
カトマンズ 金子光晴を読む 1   カトマンズ 金子光晴を読む 2   カトマンズ 金子光晴を読む 3

 計画停電の電気待ちの時間、寝る前のひと時、詩人 金子光晴氏の旅行記
 『どくろ杯』『西ひがし』『ねむれ巴里』の三部作と『マレー蘭印紀行』を読み返して
 いた。
 この本は25年前からカトマンズに置いてある本で何かにつけて何度も読んだ本で
 あるが、読むたびに新しい発見があって興味深い本である。

 さすが詩人であるだけに 文章の表現力も素晴らしく、東南アジア マレーシア、
 シンガポール、スマトラあたりの描写は ねっとりと熱帯の空気が纏わりついてくる
 ような雰囲気を持っている名文である。

 一番感銘を受けるのは 彼の持つ飽くことのない好奇心と、旅費を稼ぐために
 ジャングルの奥地へと向かう行動力である。
 そして、そこで眼にしたものを的確に表現していく力には圧倒されてしまう。
 詩人の研ぎ澄まされた視線は 正確に 当時の東南アジアに住む日本人の姿、
 中国人、現地人の姿を捉える。

 これ以上の旅行記を書いた日本人は いまだかつていない。
 旅行記三部作に登場する日本人たちも 個性的で生命力にあふれている。
 時代が 人間の生き方を創り上げていくというのが真実であれば、今の日本人旅行者も
 時代によって造られたものだろう。

 25年間に初めてバンコクを訪れた頃は、金子光晴の眼にしたアジアの片鱗があった。
 どうしようもなくけだるい雰囲気、法などあっても十分に機能していない、成り行任せの
 バンコクの姿だった。
 悪も善も混然とした世界の中で 人々はそれぞれの生活を謳歌していた。
 近代化した日本の社会から見れば、腐りかけた果実のような魅力にあふれていた。
 そこには 皆がそれぞれの生き方を認め合うという優しさもあった。
 それは 今のバンコクでは失われつつあるものだ。

 金子光晴の旅行記を読んでいると、そんな昔のバンコクの混然とした世界が
 思い起されてくる。
 それは同時に 世界がこの2,30年の間にあまりに変化してしまったことを
 思い起こさせる。人間も然りだ。
 一般大衆にとっては、どちらの時代が幸福だったのか、自由だったのか、
 考えさせられてしまう。

 お互いがお互いを干渉しあうことで 人々は自由から遠ざかって行っている。
 かといって、助け合いの社会があるわけでもない。
 怖い世界である。
 つまらない理屈ばかりがはびこり、人の心が読めなくなる。
 人の心が読めなくなれば、優しさもなくなる。
 世界は 息苦しくなるばかりである。
 それが爆発して 予想しなかったような犯罪が生まれてくる。
 こんな世界を本当に人々は 望んでいたのだろうか。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ






徒然なるままに | 18:42:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する