■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 路上の視野
カトマンズ 路上の視野 1

カトマンズ 路上の視野 2

カトマンズ 路上の視野 3

カトマンズ 路上の視野 4

カトマンズ 路上の視野 5

カトマンズ 路上の視野 6

 カトマンズ滞在もあと何日は残すだけになった。
 計画停電、水不足、雨、インドラ・ザットラ、ダサインの祭りと息つく暇も
 ないような今回の滞在だった。
 私のように歩くことを基本にしている人間にとっては、1ヶ月という滞在期間は
 瞬く間に過ぎ去ってしまう。

 私がカトマンズにやって来て、最も心惹かれるものは、路上を生活の場をして
 生活している世間から忘れ去られている人々の姿である。
 政治の表舞台で生きる人々は 絶えず、世間の注目を浴び、話題を集める。
 ネパールでは 路上に生き、細々とした小さな商いで わずかばかりの収入を得て
 生計を立て生活してきた人々には 政治の力は及ばない。

 社会の底辺で生きる人々に目を向けることなく、政治を語っても意味のないことだと
 私は思っている。
 ネパールの政治は この240年間に渡って、強者のための政治であって、
 弱者のための政治であったことはない。
 今もそうである。
 ネパール政治の裏話を耳にしても、又かと思う程度で 週刊誌程度もので 
 興味は 湧いてこない。
 政治は 政治屋とその蜜に群がるジャーナリストに任せておけばいいとすら思えてくる。

 路上で生き抜く人たちには どんな政治の中でも 生き抜いていく雑草のような
 たくましさと生命力がある。
 今回の滞在では、こんな市井に生きる人々の姿を見つめてみたかった。

 今年で25年目に入るネパールとのかかわりであるが、この25年のかかわりの中で
 感じ取ってきたネパールの底辺を流れる生活のエッセンスのようなものが
 伝えられたらと思い、ブログに励んでいる。
 それが 25年間のかかわりの恩返しだとも思っている。
 カトマンズの人々の生活の光の当たらない場所に 光を与え、カトマンズの
 見えにくい部分が少しでも日本の人々に伝わっていけばと願っている。

 人間というものは ネパールにしても タイ、インドにしても どの階層の人と
 出会うかによって、その国の印象を作り上げてしまうものだ。
 私がいつも行く雑貨屋の井戸端会議の参加者たちの大半は 土地持ち、家持であり、
 ある程度収入のある人たちで ネパールでは中流以上の人たちだ。
 バウン族、チェットリ族、ネワール族の人たちが主で、政治には興味を持っている
 人たちで、何かにつけて議論を戦わしている。

 3階、4階建ての家屋を持ち、最上階に住み、他の階は 賃貸していたり、
 1階部分には店舗を何軒か持ち、かなり豊かな人たちだ。
 この井戸端会議には 狭い部屋を間借りして住んでいる人たちには無縁のもので、
 マガール族、タルー族、ライ族、タマン族、南ネパールのタライ地方からのインド系
 住民など地方からの出稼ぎ、あるいは地方で食べることが出来ずカトマンズにやって
 来た人々にとっては 生活に追われ、政治に関心を持つ暇などない。

 いくら政治、政治と言ってもその利益に預かっているのは カトマンズに住み着いた
 バウン族、チェットリ族、先住民のネワール族の土地持ちか高カーストの人ばかりで
 あることを 間借生活の人たちは知っている。

 彼らの持つ家屋に間借りして住む人たちと彼らの生活の違いはいやと言うほど
 身にしみている。
 こういう貧しい間借り暮らしの人たちは 口を閉じ、政治的な信条を口に出さない。

 私が興味を持って、見つめたい人々はこういう人々の生活である。
 ネパールでは カトマンズを離れれば、大半の人たちは貧しい。
 そこで生活できずに、カトマンズにやって来た人は それにも増して貧しい。

 いくら政治を熱く語っても、路上で生活し、ぎりぎりでその糧を稼いでいる人に
 眼が向かなければ、政治は意味を持たない。
 ネパールでは 貧しい者たちの政治は行われたためしはない。
 政治の形が変わるたびに その中枢に群がる人間を富ませてきただけである。
 一部の民族だけが その恩恵を受けてきた社会なのである。
 だから、私は出来るだけ 路上を歩き回り、路上に這いつくように生活する人たちを
 見つめて生きたい。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 20:23:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。