FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
カトマンズ ダサインの日の散策
カトマンズ ダサインの日の散策 1

カトマンズ ダサインの日の散策 2

カトマンズ ダサインの日の散策 3

カトマンズ ダサインの日の散策 4

カトマンズ ダサインの日の散策 5

カトマンズ ダサインの日の散策 

 今週に入り、官庁も会社、工場も休みに入ったせいか、計画停電がなくなっている。
 60万人とも、70万人とも言われる人々も カトマンズを離れて郷里に向かった
 そうだから、カトマンズ盆地の電力消費量がかなり減ったためだろう。
 今週は停電に悩まされることはなさそうである。

 近所に住む人たちも1週間という休みということで、のんびり過ごしている様子である。
 表通りからちょっと路地に入った家の玄関では、一匹の犬が気持ちよさそうに寝ている。
 家の犬にもダサインの祝いをと 家の子供たちが ちょっといたずらでもしたのだろうか、
 赤頭巾の狼のように頭に布を巻いているが、気にもせず、眠り込んでいる。

 表通りといえば、どこもかしこも ラングルブルザというさいころを使った賭博である。
 この時期の賭博は政府公認だから、人々は大いに賭博を楽しんでいる。
 普段は 家の中で 知り合い同士でトランプ賭博を楽しんでいるようだが、ダサインの
 祭りには、小うるさい女房も文句は言わないのだろう。

 路上のさいころ賭博も 子供は5ルピー、10ルピー単位で遊んでいるが、
 大人の中には百ルピー札を賭けて遊んでいるから、負ける人間の額は
 かなりのものになるだろう。
 他人の懐のことを心配しても仕方がないので、どんどん歩いて行き、
 バグマティ橋の近くにあるタマン族が集まって住んでいる建物の前に行くと、
 子供たちがトランプ遊びを楽しんでいる。
 建物の中では大人たちがトランプ賭博に熱中している姿を見て、
 それではと子供たちも始めたのだろう。
 お金はかけておらず、ただのトランプ遊びのようだった。

 ここを抜けるとバグマティ川沿いの道に入る。
 川沿いに歩き始めると、向こう岸にビニール張りのバラックの建ち並ぶスラムが見える。
 スラムの中の学校の前の広場には ダサイン名物のブランコ ピンが備え付けられ、
 スラムの子供たちが、ブランコ遊びを楽しんでいる。
 この前このスラムに行った時に、ピンは作らないのかと尋ねた時、
 スラムの委員会の若者が 作らなくては言っていたのが実現されたようだ。
 スラムの中に入ってみようかと思ったが、今日は体調が悪い。
 いつもスラムの中に入って行くには、ある種の心の緊張感が必要だ。
 体調はよくないときには スラムの雰囲気に負けてしまう。自然体を保てないのである。
 こんな時には、スラムに入って行かないほうがいい。
 やはり、エネルギーがいるのである。

 バグマティ橋の下を潜り、川辺の市場まで歩いてくると、
 ここでもさいころ賭博が行われている。
 ここでは、女たちが中心になって遊んでいる。
 普段はこの市場で野菜や肉を売っているたくましい女たちだ。
 男並みの生活力のある女たちである。
 男たちほど大きなお金はかけていないようだが、目一杯ダサインの賭博を楽しんでいる。
 女たちの遊びの方が 男たちのものより 余程生き生きしているようにも思えた。

 川沿いの道では 男の子たちが 飽きもせず、凧揚げに夢中だ。
 凧合戦で糸を切られて落ちいく凧を求めて走り回っている。
 高々2ルピーの凧であるが、手に入れることが楽しみなのだ。

 カトマンズも10月中旬近くなると、夕方になると冷え込んでくる。
 先日降った雨で、季節は確実に秋へと向かっている。
 日中の陽射しは相変わらず強いが、部屋の中に入るとひんやりしている。
 日が落ちると 長袖がそろそろ必要になってきている。
 気候としては 絶好の季節の始まりである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 16:28:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する