■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ ダサインの風景‐3 賭け事
カトマンズ ダサインの風景‐3 賭け事 1

カトマンズ ダサインの風景‐3 賭け事 2

カトマンズ ダサインの風景‐3 賭け事 3

カトマンズ ダサインの風景‐3 賭け事 4

カトマンズ ダサインの風景‐3 賭け事 5

 ネパール人は本来賭博好きの国民である。
 法律では賭博を禁止しているが、ダサインの祭り、そのあとに始まるティハールの
 祭りの間は、賭博は許可される。
 といっても、こうした祭りの日以外でも、皆 結構普段から、隠れてトランプ賭博など
 に興じており、賭博で身上をつぶしたなどという話もよく聞く。

 祭りの間は、路上でもよく賭博が開かれている。
 6種類の図柄の描かれたビニールなどを置き、その図柄の上にお金が置かれている。
 ラングルブルザと呼ばれる6面に異なった図柄が描かれたさいころのようなものを
 6個使う。
 ビニールの上に描かれた図柄の上に各自お金を置き、さいころを転がし、
 6個のさいころのうち、自分の賭けた図柄が二つ以上出れば、勝ったことになる。
 二つ出れば2倍、三つ出れば3倍のお金が戻って来、最大6倍までだ。
 遊び方は、全く単純である。

 路上のいたるところで 朝から晩まで、子供から大人まで、この遊びに興じている。
 どっちにしても勧進元が儲かるように出来ているのだろう。
 中には 賭け事に熱中しすぎて 1年間、汗水たらして貯めたお金を 村には持って帰らず、
 賭け事ですってしまい、村に帰れなくなる出稼ぎの若者もいることだろう。
 あまり、後先を考えないネパール人だから、あり得る話である。

 余っているお金を使って消費し、それを神様に捧げるという意味合いもあるようだから、
 ダサイン、ティハールの間は、特別に許されるのだろう。

 政府とマオイストの内戦中、マオイストの支配地域では、酒、賭け事は 厳しく禁止
 されたようだが、マオイスト主導の新しい政府も この賭け事には 今のところ、
 制限を設けていない。
 インドラ・ザットラ、ダサインに対する政府の援助を年間予算から削減したが、
 一部の人間から、猛烈な反対に合うと、あっさり予算を復活してしまった。
 マオイスト主導の政府といっても、国会の議席数の3分の1の議席しか持たず、
 連立でしか政権を維持できない弱みがあるのだろうが、国民を充分に説得するという
 努力をしているようには思えない。

 マオイストの党首であり、国の首相であるプラチャンダも 外遊に忙しく、
 内政には 充分目を向けていないようだ。
 娘を比例代表制で国会議員にし、今回のアメリカ外遊でも、息子を連れて行き、
 行き過ぎた家族優先主義に非難が集中している。
 これでは、国民会議派政党の前首相 ギリジャ・コイララと同じだという落胆の声も
 大きい。
 アメリカでも豪遊に近い費用を使い、これが人民の側に立つ人間かと、
 マオイスト内部でも問題視され始めている。
 どうもネパール人は 権力を手に入れると 押しなべて 質素、倹約の精神は
 どこかへ行ってしまう。
 マオイストの頭首であっても同じことらしい。
 山の人が、贅沢の味を知ると どうも歯止めがなくなるらしい。
 賭け事の味を知るのと同じことである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 18:14:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。