■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アジアの街角 1枚の写真から‐40 神様の散歩
アジアの街角 1枚の写真から‐40 神様の散歩

 四月、五月にカトマンズの市街地を歩いていると、竹で作った棹の両端に
 荷をぶら下げ、通りを歩いている人を見かけることがある。
 その人の後ろには、大きな太鼓やシンバルを持った昔ながらの音楽隊が 
 続き、その後ろには着飾った人々が列を成して続いていく。
 この行列は ネワール族のマナンダールと呼ばれるカースト
 (菜種油の製造・販売に従事するカースト)のデワーリと呼ばれる宗教的な行事で
 ある。
 ハルメンの音楽隊のような雰囲気すらする。
 自動車の行きかう車道を 何十人かの行列が昔ながらのやり方で
 神様を先頭に 通り過ぎていく。

 ネワール族には クル・デェオタと呼ばれる一族の護り神がいる。
 この神様の像は 一族以外に見せることは許されない。
 この神様はネワール族の中のカーストにかかわらず、すべての一族の本家に
 置かれているものだ。
 その神様が、仏教の神様でもなければ、ヒンズー教の神様でもない。
 どうも土着の信仰のようだ。
 遠い昔、ネワール族の祖先が、カトマンズ盆地に移住してきた時からの
 土着の信仰なのかもしれない。
 一族の護り神であり、災いから家族・一族を護るものだ。

 その神様を担いでその一族とともに 街中を練り歩くのがデワーリと呼ばれる
 行事である。
 街を練り歩くのはマナンダールのデワーリの行事の形であるが、
 カーストによってそのやり方は違うようだ。
 外を練り歩くにしても、その神様を、一族以外のものに見せることは出来ないから、
 その神様の上には、金属製の器がかぶされている。

 世の中はいつも変転している、その世の変化を一族の神様に眺めてもらいたいと
 いうことだろうか。
 素朴に心を寄せて信じるものがあることは、人々に心の安定を与えてくれるはずだ。
 家族・一族の護り神である神様と街中を練り歩いたあとには、宴会が待っている。
 自分たちが米で作ったロキシー(蒸留酒)を酌み交わしながら、一族の繁栄を
 願う。
 そして、互いのつながりを確かめ合う機会でもある。

 そんな世界が日本にもあった。
 そんな世界が失われていくにしたがって、日本の何が変わり始めたのだろうか。
 祈りもなく、人への信頼も失われた世界の中で、人々は何を求めて生きていくのだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




アジアの街角 1枚の写真から | 23:24:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。