■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 路上で育つ少年たち
カトマンズ 路上で育つ少年たち

カトマンズ 路上で育つ少年たち 2

カトマンズ 路上で育つ少年たち 3

カトマンズ 路上で育つ少年たち 4

カトマンズ 路上で育つ少年たち 5

カトマンズ 路上で育つ少年たち 6

 カトマンズの露店の物売りたちに混じって、一人前の顔をして物を売っている子供たち 
 に出会うことが多い。
 又、父親や母親のそばにいて、商いを手伝い、大人の仕事を見ている子供たちもいる。
 日長一日、父親や母親の仕事ぶりを見て、その苦労を知ることも多いだろうし、
 売り買いのいろはを少しずつ学び、品物を買いにやってくる人たちの表情や仕草から
 人間について知ることも多いだろう。
 学校は 知識は与えてくれても、人生の『いろは』は教えてはくれない。
 本来学びの場は 学校だけではないのだ。

 路上の商いは 学校では得ることの出来ない知恵や人間に対する見方も
 教えてくれるだろう。
 一人前になることがどういうことか、それを子供たちの姿の中に見つけることが出来る。
 こうして育った子供たちは 人生のどんな逆境の中でも生き抜いていくだろう。
 ひたすら 生きるたくましさを身につけていくのだ。
 そんなしたたかさが、子供たちの眼には現れている。

 ムリといわれるおつまみのような食べ物を作る少年の手つきは 一人前の大人のもの
 だし、一山5ルピーで野菜を売る少年は 買いに来る人たちがどんな人かを見る眼を
 養うだろう。
 値引きを求めるような品物を扱う少年たちは、大人相手にうまく値段の釣り合いを取る
 技術、掛け合いも必要になる。
 子供だからといってなめられてはならない。
 本当に困った時には 近くにいる大人の物売りたちの手助けもある。

 スーン・ダーラの近くの中国衣料の露店では、学校も休みになったタマン族の少年が
 大声を上げて、客寄せをしている。
 大人顔負けの声量で あたりを圧倒している。
 すぐそばの幼い弟が 兄の声に合わせて、声をあげているが 兄には敵わない。

 私の住んでいるところは 3階がチェットリ族の大家で 2階に私が住み、
 1階にはバウン族の母子が住む。
 大家の息子は27歳になるというのに 未だ働こうとはしない。
 起きてくるのは、昼間の12時近く、1日中 家の中でごろごろしている。
 私立の寄宿舎制の学校に行き、親は 子育ては学校任せ、
 何の生活力も身につけないまま、23歳で私立の大学中退、
 父親は12年前に癌で亡くなったが、
 母親は家賃収入があることをいいことに働こうともせず、
 一日おしゃべりに明け暮れている。
 息子は 日本で言えば、全くのニートである。
 家の修理など男の仕事もほとんど出来ない。
 85歳の祖父が 老身を鞭打って頑張っていても手伝おうとはしない。
 母親も同じである。

 階下のバウン族の父親はマレーシアに出稼ぎ、母親も夫の仕送りをいいことに
 暇に任せて、上の大家とおしゃべり三昧の生活だ。
 子供は 私立の寄宿舎制の学校に入れているから、長い休みの時だけ帰ってくる。
 今はダサインの祭りの休みで帰ってきているが、それに合わせて、コンピューターを
 買い与え、これまた、一日中コンピューター・ゲーム漬け、ネパールで中産階級と
 呼ばれている家庭の子供たちは、こんなものである。

 それに比べれば、路上の子供たちはなんとたくましい。
 しっかりと大地に根を下ろし、子供ながらに生きているという強さを感じさせる。
 こんな子供たちが大人になって 社会の中心的な存在になっていけば、
 ネパールも もっと良い国になるだろうと思う。
 ネパールには 理屈ばかりをこねて、身体を動かさない連中が
 ネパールの政治の中枢にいる。
 全く困ったものだ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ








カトマンズ 生き抜く人々 | 01:33:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。