■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 朝の通学の子供たち
カトマンズ 朝の通学の子供たち 1

カトマンズ 朝の通学の子供たち 2

カトマンズ 朝の通学の子供たち 3

カトマンズ 朝の通学の子供たち 4

カトマンズ 朝の通学の子供たち 5

朝の通学の子供たち 6

 停電が 一日平均6時間もあると、停電時には近所に散歩に出かけることが多くなる。
 そんな時には 近所のバウン族の雑貨屋に顔を出すことが多くなる。
 大体 バウン族(ヒンズー教の高カーストの僧侶)というのは口から生まれたと
 いわれるくらいで、口達者な人が多いが、この雑貨屋のバウン族の主人は 
 余計なことは話さず、訊かれれば 必要なことを適切に答えるといった誠実な人柄で
 ある。
 その人柄を示すように 店の中は整理整頓され、客にとってもどこに何はあるかが
 すぐにわかる。

 朝の8時半頃、彼の店で少し買い物をして、彼といつものように話をしていると、
 朝の通学の子供たちが 入れ替わり立代わり、学校で食べるお菓子を求めてやってくる。
 なかなか商売上手の彼は、子供たちの好む菓子類を出来るだけ多くの種類のお菓子を 
 品揃え、子供たちにとっては 人気の店で近所の店を圧倒している。
 1個 1ルピー、2ルピーの飴玉、お菓子、チューインガム、
 5ルピーのインスタントラーメンなど子供たちは1ルピー、2ルピーのコインを握ってきては、
 好みのものを買っていく。
 小さい子供たちは 送り迎えの母親と一緒にやって来ては お菓子をねだっている。

 子供たちのすべては 近所の私立学校に通う子供たちである。
 私の住んでいる1キロ四方の中だけでも 児童数千人以上の私立学校が、4,5校ある。
 幼稚園の3年保育 そして小学校、中学校をかねた10年生の学校だ。
 月々の月謝は 5百ルピーから千ルピーの間だが、学年によって月謝は異なる。
 おやつ代、教材費を加えれば、千ルピーは超えてしまう。
 しかし、有名私立校ともなれば、月謝5千ルピー、インターナショナルスクールで
 あれば 2,3万ルピーと 私立学校もピンからキリである。
 間借り生活をしていても、少し生活にゆとりが出てくれば、どうにか私立学校には
 通わせることは出来る。

 それではカトマンズの公立学校はどうなっているかといえば、私の住んでいる地域には
 1つしかない。4,5百人規模の学校である。
 大半の子供たちは 私立学校の費用を捻出できない貧困層か、村から出てきて、
 富裕層の家で 家事の手伝いをする子供たちである。
 村では 教育の機会のなかった子供たちだ。
 カトマンズでは 富裕層の家庭では 昔から村から出てきた10歳ぐらいの子供を
 置き、家の雑用に使うという習慣がある。
 良心的な家であれば、そうした子供を午前中 学校に通わせることもある。

 そうした子供たちは バウン族の雑貨屋におやつを買いにくることはない。
 そんな余裕などあるはずもないのである。
 食事、寝る場所、服は 家の主人の子供たちのお古、そして、授業料のない
 公立学校への通学、雇い主は それで充分だと思っているし、それが一般的だ。

 政府は 予算不足を理由に 公立学校を増やす姿勢はない。
 今ある公立学校も 百年も前に建てられた建物や、寺などの空き部屋を
 利用しているに過ぎない。
 教育に熱意のない国が 発展するはずもない。
 教育大臣が 私立学校のオーナーであったり、公立学校の教師の子供が 
 私立学校に通うというのでは、子供たちの教育の機会均等など夢又夢の話である。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ネパールの教育 | 03:34:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。