FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
カトマンズ 雨と停電の中で
カトマンズ 雨と停電の中で 1

カトマンズ 雨と停電の中で 2

カトマンズ 雨と停電の中で 3

 昨日は 雨と停電の一日だった。
 午前中の停電は 午前5時から8時までだったが、
 どういうわけか午前7時には電気は来ていた。
 電気が来ているうちに コンピューターを使う仕事は済ませる。
 午後3時から6時まで再び停電が始まるからだ。

 昼前にコンピューターを使う作業は終え、昼飯にバグマティ橋を越えたタパタリの
 交差点にあるいつものネワール料理の店に行こうと通りに出ると ぽつぽつと雨が
 落ちてきた。
 そのうち止むだろうと歩き始めると、顔見知りのネワール族のタンドゥカール・
 カーストの雑貨屋あたりでひどくなってくる。
 この店の軒先を借りて 雨宿りだ。
 レインコートをまとったインド人の自転車の果物売りが通り過ぎていく。
 雨などものともせず、頑張って働くインド人である。

 ネパールでは 雑貨屋の店先といえば、男たちの井戸端会議の場所である。
 女たちは 家事、畑仕事、育児と忙しいから井戸端会議の暇はない。
 すぐ近くの八百屋のだんながやってきていて演説をぶっている。
 彼は ネパール南部のタライ地方からカトマンズにやってきているチョーダリと
 呼ばれているタライ地方の先住民族タルー族である。
 彼らの話に耳を傾けていれば、近所のことは大半わかってくる。

 彼の店の前には ここ何ヶ月か前、4階建ての立派な家が建てられた。
 1階は店舗として貸し、2階、3階は貸フラットとして貸し、4階に大家が住む。
 この大家は このあたりの人間ではなく、出身はネパールの西部を郷里とする
 ネワール族でマレーシアで マレーシア警察に勤め、その退職金と貯金で土地を買い、
 家を建てた。
 その2階にこの雑貨屋の親戚が 家賃9千ルピー(1万4千円)で借りて住んでいる。
 3DKのフラットという話だ。
 この土地をいくらで買い、それが今では土地価格が何倍にもなっている。
 そんな話が、いくらでも耳に入ってくるのである。

 私のことなども きっと彼らの噂の種になっていることは 確かである。
 カトマンズの隣近所の様子を知るには 雑貨屋の店先で井戸端会議に加わるのが
 1番である。

 店の店主がネワール族であれば、ネワール族中心の噂話が、店主がバウン族、
 チェットリ族であれば、近所に住むバウン、チェットリ族のことがわかる。
 近頃は、ライ族の店も増えてきているから、ライ族のことを知りたければ、
 ライ族の店主と親しくなるのが近道である。
 そんな感じで 近所の情報を得るために いくつかの店で品物を買うように
 心がけている。

 こんなネパール人とのかかわりの中で ネパールに住む各民族の文化、生活習慣の違い、
 性格のようなものの違いも 少しずつ見えてくる。

 午後3時近くなったので 停電が始まると思い、今度は傘をさして、
 バグマティ橋近くのネワール食堂に向かう。
 モモ、ツウェラと焼きそば半皿を食べ、雨の中を歩いて帰ってきたが、
 停電は始まっておらず、喜んでいたのだが、停電が1時間遅れて午後4時に始まり、
 午後7時まで続いた。
 近頃、計画停電の時間が守られず、いい加減で予定が立たず困っている。
 新しい政府になってからの政府機関のたるみは ひどくなっているようだ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 19:36:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する