■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 川辺の寺院にて‐2 静寂の棲家
カトマンズ 川辺の寺院にて‐2 静寂の棲家 1

カトマンズ 川辺の寺院にて‐2 静寂の棲家 2

カトマンズ 川辺の寺院にて‐2 静寂の棲家 3

カトマンズ 川辺の寺院にて‐2 静寂の棲家 4

カトマンズ 川辺の寺院にて‐2 静寂の棲家 5

カトマンズ 川辺の寺院にて‐2 静寂の棲家 6

カトマンズ 川辺の寺院にて‐2 静寂の棲家 7

カトマンズ 川辺の寺院にて‐2 静寂の棲家 8

 人にあふれ、道を覆い尽くす車の流れ、いたるところで売られている物の山、
 そんなカオスのようなカトマンズの中心部の喧騒に疲れ果てると、
 いつも バグマティ川の岸辺にある古いシバ寺院にやってくる。

 ここには カトマンズの中心の喧騒、欲望にまみれた時空間とは 異質な時空間があり、
 静けさ、平安、穏やかな時間の流れ、そういったものが 時代の流れに取り残される
 ように漂っている。

 このあたりに住まう人々も時代の流れに取り残された貧しい人々であり、
 牛乳を売って生計を立てる牛飼いの家族たちだ。
 ここにやってくるネパール人たちも 岸辺に座り込んでバグマティ川の川面を眺め、
 穏やかの時間の流れの中で 何やら慰めを求めているようにも思える。

 古い朽ちかけたシバ寺院の前の広場を通り過ぎて 岸辺に沿って歩き始める。
 一人の年老いた牛飼いが座り込んでいる。
 「ナマステ」と挨拶を交わす。
 彼の横では 1羽の鶏が ヒンズー教の神様 ガネシュの石像に捧げられた穀物を
 忙しそうについばんでいる。

 少し歩くと イギリス様式を取り入れた民家がある。
 その民家も 充分に手入れされることもなく、朽ちる寸前のようにも見える。
 その民家を曲がって、もう1つのシバ寺院に向かう細い石畳の道に入り込むと、
 若い男女のカップルが 人目を避けるように ひそひそと会話を交わしている。
 その脇を通り過ぎ、さらに進むと もう1つのシバ寺院の入り口にいたる。
 その入り口を潜ると、シバ寺院の本堂へと向かう通路がある。
 細い石畳の通路、その脇には、雨期に降り注いだ雨によって勢いづいて枝を
 拡げている木々が立ち並んでいる。

 私は本殿には入っていかない。
 如何にもラナ家の権力を象徴しているこの寺院を 私は好まない。
 この寺の周囲が好きなのである。
 この寺の周りには いたるところに静けさが宿っている。
 すっかり朽ちて人さえ住まなくなったレンガ造りの家、人気のない軒先、
 誰も訪れることのない忘れられた塔の数々、それは崩れ行くものの持つ静けさであり、
 寂しさでもある。

 人々に忘れられ、関心を与えることが出来なくなったのなら、
 崩れるままに任せるのも それもひとつの姿である。
 信仰が失われれば、その器である寺院も失われていくのは当然の姿である。
 形だけ残して何になろう。

 人々の生活、心の中で信仰が生きているから、価値があり、形を保つことが出来る。
 人々の心から離れてしまった遺産の維持にお金をかけるよりも、
 生きて苦しんでいる人々のためにお金をかけるほうが よほど信仰にかなっている。
 この寺院のある川の向こうでは、廃品を集めて、やっとのことで飢えを凌いでいる
 子供たちもいる。
 きれいごとは もうたくさんである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ 街の風景 | 11:47:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。