■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 川辺の寺院にて‐1 人々
カトマンズ 川辺の寺院にて‐1 人々 1

カトマンズ 川辺の寺院にて‐1 人々 2

カトマンズ 川辺の寺院にて‐1 人々 3

カトマンズ 川辺の寺院にて‐1 人々 4

カトマンズ 川辺の寺院にて‐1 人々 5

カトマンズ 川辺の寺院にて‐1 人々 6

カトマンズ 川辺の寺院にて‐1 人々 7

カトマンズ 川辺の寺院にて‐1 人々 8

 バグマティ川にかかる吊橋を超えて、パタンからカトマンズに入ると、
 バグマティ川の岸辺へと下りる石段がある。
 その石段を下りて、右側に曲がると、240年の王制を築き上げたサハ家によって
 建てられたシバ寺院がある。
 200年近く前に建てられた寺院だ。
 この辺りには 寺院がいくつかあり、その敷地全体を包む静けさが 私は好きだ。
 何百年も前からその静けさ、平安は 時代の流れなどお構いなしに この寺周辺に
 漂っている。

 今日は 私の心の中にも落ち着きが生まれてきたので、
 寺院の中に足を踏み入れてみた。
 寺院の広場の入り口近くには 一本の大きな菩提樹の樹が 
 雨期の雨を吸い込んでその葉で覆われている。
 その菩提樹の下では、何を夢見ているのか、一人の男が眠り込んでいる。
 その横には 黒い一匹の犬が 男を護るようにカメラを構えた私をにらみつける。

 古いシバ寺院の入り口では この寺院の中に住まいを得ている人たちが 
 その敷居に座り込み、話こんでいる。
 チェットリ族の中年の男、バウン族の若い女、タマン族の老女。
 タマン族の老女は この寺に来るたびによく見かける。
 寺院の入り口の脇の部屋に住んでいる。
 この寺院の中の一部屋に住み始め、2,30年になるようだ。
 タマン族はカトマンズ周辺に多く住む民族であるが、教育の遅れから、
 貧しい生活に強いられることが多い。
 カトマンズに仕事を求めてやってきても、肉体労働、皿洗いなどの賃金の安い仕事に
 就くことが多い。
 荷運び人夫、リキシャ、畑仕事、レストランのした働き。
 このタマン族の老女も苦労に苦労を重ねてきた人生だったに違いない。
 その顔に刻まれたしわがそれを物語っている。

 このシバ寺院を離れ、次に ラナ家専制時代に建てられたもう1つのシバ寺院に向かう。
 サハ家もラナ家もチェットリ族(ヒンズー教の武士カースト)、激しい気質の神様を
 好むようだ。
 もう1つのシバ寺院への道を辿っていると 白いズタ袋を背にした少女は 
 道の向こうからやってくる。
 カトマンズ市内で集めた廃品を この近くにある廃品業者に売りに来るところのようだ。
 インドの貧しいビハールからやって来た少女である。
 インド コルカタの大都市に出るより、カトマンズのほうが 彼らにとっては近いし、
 安全だ。
 生活の重荷を背負うように、廃品の詰まったズタ袋を背負う。
 インドからやって来た子供たちには 教育の機会はない。

 もう1つのシバ寺院の周辺を散策していると、やはり、家族が寺院の中の一室に
 住んでいる子供たちがいた。
 皆 姉妹のようだ。何か ごっこ遊びでもしていたようだ。
 サリーを身につけるような格好で布を身体に巻きつけている。
 お母さんごっこでもしていたのだろう。彼らもタマン族らしい。
 カメラを持っていることに気がつくと 写真を撮れとうるさい。
 彼らの服装、顔つきをみると、4,50年前の日本の子供と同じである。
 自分の幼児期時代を思い出してしまう。
 貧しい日本の時代だったが、子供たちには 健康的な明るさがあった。

 この川辺の寺院一帯には 時代に取り残された人々の人間模様がある。
 その人間模様を眺めに 私は、ここにやってくる。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ





カトマンズ バグマティ川の辺にて | 16:47:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。