■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アジアの街角 1枚の写真から‐22 50年前
アジアの街角 1枚の写真から‐22 50年前

 カトマンズ郊外のパンガウンの村の中にあるレンガ造りの家の前の陽だまりで
 母娘が座り込んでいる。
 母親が、娘の髪の毛の中に生みつけられた虱の卵を取っては、
 つぶしている。
 こんな光景は、50年前の日本の田舎では、当たり前の姿だった。
 竹で作った目の細かい虱の卵を髪の毛の間から、すき出す虱取り専用の櫛なども
 記憶にある。

 50年前の日本の田舎の生活は、どんなものだったのか思い起こしてみる。
 当時、テレビなど普及しておらず、情報を得る方法はといえば、
 ラジオか新聞だけだった。
 テレビが一般家庭に入ってくるのは、1960年半ば以降だ。
 家庭には、ガスもなく、料理を作るには、マキと炭、カマドと七輪だった。
 風呂といえば、井戸から汲み出し、風呂桶を一杯にするまで水を運ぶのは、
 なかなかの重労働だった。
 マキは山に行き、木を切り出し、家まで運び、それを適当な大きさに切り分け、
 斧で割って作る。
 生活のすべてが、まだまだ手仕事の時代だった。
 その手仕事のいくらかは、子供たちの仕事だった。

 子供たちは、学校を終えると、夕方近くまで遊び呆け、家に帰ると
 決められている仕事をこなし、夕食のときを迎える。
 夕食を食べ、風呂に入ると、もう午後7時過ぎ、ラジオを聴き、宿題を済ませると
 もう9時近く、そうすると眠くなり、床に就き、朝起きるのは、午前6時、
 朝食を食べて、学校へ行くという生活の繰り返しだった。
 同じことの繰り返しのような生活だったが、退屈ということは、
 一度も感じたことはなかった。

 今の日本の生活水準からすれば、かなり低い生活だったのも確かだし、
 食べ物もおなかが膨れれば、いいという程度で、美味しいものを食べるのは、
 盆と正月ぐらいのものだった。
 皆が貧しかったから、それが当たり前だったし、
 だからといって、不幸ということはなかった。
 着ているものといえば、お下がりや継ぎの当たったものだったし、普段着であれば、
 それで充分だった。
 山や海、畑や田んぼで遊ぶ子供たちに洒落た服など必要なかった。

 何もない時代であったが、子供たちにとっては、生きているという実感はあった。
 親が 子供たちに 玩具など与える時代でもなかったし、
 祭りや正月にもらった小遣いで、縁日の安いブリキ製の玩具を買うぐらいのものだった。
 周りの自然は、それ以上の玩具を与えてくれたのである。
 大人は大人で、子供は子供で、与えられた分の中で生きていた。
 だから、大人も余程のことがない限り、子供の生活に干渉することはなかった。
 1960年代の日本の田舎はそんな時代だった。

 だから、ネパールの村の生活ぶりを見ても、違和感はなかった。
 むしろ、懐かしいをいう思いのほうが強かった。
 貧しい、不潔、不幸という感情は湧かなかった。
 50年前の自分の生活が蘇り、豊かなものに囲まれている生活が、
 幸福の条件ではなかったことを思い出すからだ。

 1970年代にはいると、日本人の生活は、便利な道具に囲まれ、
 新しいもの、新しいものへと走り始める。
 新しいもの、便利なもの、快適な生活を手に入れるために、ひた走りに走り始める。
 その中で どれだけの幸福を手に入れたのか。
 こんな時代の中で、子供たちは、幸福感、充実感を持って生活しているのか、
 気にかかる。
 大人も同じである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



アジアの街角 1枚の写真から | 04:18:48 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
私の子供の頃、風呂は五右衛門風呂でした。
近所にお菓子やなどはなく、きな粉に砂糖をまぶして食べていました。その代わり、柿や野いちご、イタドリといった自然の食べ物は多かったです。テレビがある家は、近所に一軒だけで、夜、見に行ったことを覚えています。
hikarunoさんと、同じような感想を持ちながら、いつも思うのは、貧しい国の子は、今の日本の子の生活に憧れるんだろうな、ということです。
日本は、貧しさから脱却しようと努力し、それは成功しました。しかし、何故か、幸福感がない。
我々が欲深いのか、求めようとしたものが間違っていたのか、いつも難しい問題なと思っています。
2008-09-24 水 11:20:23 | URL | 西森憲司 [編集]
私も田舎に育ちましたから、冬場の仕事は、風呂、かまど用の
薪を山から運び出し、のこぎりで切りそろえ、まきわりをすることでした。

カトマンズでは、今、テレビでは 世界中の放送が 衛星放送を通じて
入ってきます。
どの番組も先進諸国のモダンライフを映し出しています。
中産階級以上は その生活に近づこうとしていますが、
貧困層は 諦めの気持ちで眺めています。

カトマンズを離れ、山の村に行けば、そんな情報もなく
昔ながらの生活です。

カトマンズに住む若者たちは 日本のものとお金に憧れ、
日本での仕事の機会を求め、旅行者の女の子たちに目をつけ、
結婚の機会を探しています。

山の大半の若者たちは、アラブ、マレーシア、韓国へと
出稼ぎに出かけて行きます。
アメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツなどは 費用がかかりすぎ、
中産階級以上の若者たちが行くことの出来る世界です。
2008-09-24 水 12:30:56 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。