■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 一夜 明けて 散歩‐5 川辺のスラム
カトマンズ 一夜 明けて 散歩‐5 川辺のスラム 1

カトマンズ 一夜 明けて 散歩‐5 川辺のスラム 2

カトマンズ 一夜 明けて 散歩‐5 川辺のスラム 3

カトマンズ 一夜 明けて 散歩‐5 川辺のスラム 4 

カトマンズ 一夜 明けて 散歩‐5 川辺のスラム 5

カトマンズ 一夜 明けて 散歩‐5 川辺のスラム 6

 このバグマティ橋のすぐ脇にあるスラムを始めて訪れたのは 
 半年前の今年の三月のことだ。
 一年前にはなかった。
 人々が住み始めたのは 今年の二月あたりからのようだ。
 私が訪れた頃も、まだバラックを建てている最中の人が多く、辺りには空地も多かった。
 再び五月の終わりごろに訪れると、バラックの数は何倍にもなっていた。

 そして、今回 再度訪れた。
 ビニール張りのバラックの数はますます増え、スラムの長さも 
 バグマティ川の上流に向かってどんどん長くなっていた。
 ここに住んでいる人々は、村では食べることも出来ず、逃げるようにカトマンズの街に
 やって来た人たちだ。
 村に住み、食べていくことの出来る人間は ここにやってきた人たちよりも
 貧しくはないともいえる。

 スラムの中へと足を進めていると、毎晩の雨で スラムの中央を走る道は 
 ぬかるみ、水溜りだらけだ。
 その道の脇の小さな猫の額ほどの田んぼに 稲が実っている。
 こんなスラムに住んでいても 地方からやって来た農民は 畑仕事を忘れない。

 30年ぶりの大雨の時はどうだったか 訊いてみると 
 バグマティ川の水が 土嚢近くまでやってきて 一時はどうなるかと 
 みんなして心配したという話だ。
 夜はどうなるかと 眠ることも出来なかったという。
 電気もない暗闇の中で 右往左往している彼らの姿が 浮かぶようだ。

 今日は土曜日の休日、学校も休みで子供たちの姿も たくさん見かける。
 僅かに残った河川敷の空地では 子供たちが 近づくダサインの祭りに合わせて、
 凧揚げをしている。
 このスラムにもダサイン名物のブランコは 設営されるのだろうか。
 凧揚げとブランコがなければ、ダサインの雰囲気は出ない。
 あと3週間もすれば、ネパール最大の祭り ダサインの始まりだ。

 スラムに住む人々、バラックの数も安定し、集落らしい形になってきている。
 ネパールには多くの種類の民族が住んでいるが、このスラムに住む民族も 
 同じように多種多様である。
 1番数の多いタマン族、ライ・リンブー族、マガール族、わずかながら高カーストの
 バウン、チェットリ族もいる。
 こんなところで 民族、カーストを主張していては生活出来るはずもない。
 力を合わせることが出来なければ、いつ追い出されるかわからない。

 スラム住民で構成される組織も出来、皆でお金を出し合い、低学年の子供のための
 小さな学校も出来ていた。
 自分たちの家は ビニール張りのバラックであるが、
 学校は レンガを使ったしっかりしたものだった。
 その学校の前には 一人のタマン族の若者が座り込んでいて、
 この学校についていろいろ教えてくれた。

 彼の家族もこのスラムに住んでおり、彼は今10年生、日本でいえば、高校1年生だ。
 高学年になると 皆、近くの公立学校に行くようだ。
 私立学校に行くだけの財力は ここに住む親たちにはない。
 教育水準の低い公立学校を嫌って、カトマンズ市民の大半は私立学校に行くが、
 ここに住む子供たちは 費用のかからない公立学校しか 選択の余地はない。

 大人も子供も とにかく、その日の糧を求めて生き抜く、それだけがすべての生活だ。
 社会の冷たさに負けるわけには行かない。
 自らを鍛え、社会の荒波を自分の力で乗り越えていくより道はないのだ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ 街の風景 | 10:38:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。