■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アジアの街角 1枚の写真から‐18 自転車
アジアの街角 1枚の写真カラー18 自転車

 バンコクのプラカノン運河の向こう岸の場末の通りを歩いていると、
 懐かしい光景を眼にした。
 自転車の修理屋さんだ。
 古びた建物の一角で 年老いた中国人が、客から預かった自転車を修理している。
 今時のバンコクでは、あまり見かけなくなった光景である。
 修理専門の店で、自転車の販売などしていない。
 タイの経済を牛耳っている中国人であるが、こうした細々とした商いで生活の糧を
 得ている中国人もいる。
 いつの時代に中国本土からタイにわたってきたのだろう。
 成功する中国人、成功しなかった中国人、そんなことを考えていると、
 彼のタイへの移住の歴史が気になってくる。

 近頃では、タイでは、自転車は子供たちの憧れの乗り物ではなくなっている。
 路地裏では、まだ年少の子供たちは楽しげに乗り回しているけれど、
 小学校の高学年ともなれば、目が向くのはオートバイだ。
 田舎辺りに行くと、12,3歳の子供たちがオートバイに乗っている姿を
 よく見かける。
 大人たちも同じで、自転車に乗っているのは、オートバイを買うお金が
 ないからとみられてしまう。

 今から、10年以上も前に東北タイの地方都市 コンケンに住んでいたことがある。
 その頃の私の足はといえば、自転車だった。
 その時代でも、もう自転車は少数派、オートバイを買うことの出来ない
 貧乏人の乗る乗り物に成り下がっていた。

 今は ネパールのカトマンズでも同じ状況になってしまった。
 タイもネパールも月賦でのオートバイの購入が出来るようになってから、
 オートバイは 瞬く間に増えていった。
 自動車は変えないが、オートバイなら買えると、自転車からオートバイへの乗り換えは、
 スムーズに行われたようだ。
 しかし、ネパールの石油不足は、ガソリンを手に入れるために、
 何百台のオートバイが列を成し、何時間も待つという事態を引き起こしている。
 待つために失う時間のことを考えれば、自転車を利用すればと思うが、
 一旦 楽な生活が身についてしまうと、それを変えることは難しい。

 東京などは 自転車を安全に乗り回すための道の整備が きちんと出来ているせいか、
 まだまだ、自転車は庶民の足になっている。
 自転車の台数だけ見ても、カトマンズやバンコクをはるかに凌駕している。
 これは余分なエネルギーを使わないという意味では、とても大切なことだ。
 今までは、経済成長、企業の利益を優先して 車社会を作り上げて、自転車のための
 インフラはいい加減にされてきたが、これからは、真剣に取り組むべき課題である。

 経済成長がなければ 豊かな生活は保障されないと脅かされ続けてきたが、
 どこまで豊かさが必要かと問い直す時代に入ってきている。
 今あるものを 皆で分け合って生活する姿勢が生まれてくれば、
 何も難しいことではない。
 政府や企業の一方的な論理だけを鵜呑みにしているだけでは、
 生活は変わっていかない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


アジアの街角 1枚の写真から | 01:30:42 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント
今日は。
今のバンコックでは、自転車よりもバイクの方に人気がある
でしょうね。チェンマイへ行ったとき、ドイステープへ行く坂の
途中で、サイクリングをしている若者達の集団に出会ったこ
とがあります。
経済的に恵まれた人達が乗り自転車と、一般庶民が乗る自
転車とは意味合いが違いますが、自転車ファンの私には、
田舎でさえバイクが人気があるのには、未だにうんざりします。
2008-09-20 土 07:37:07 | URL | machan [編集]
バンコクでは 自転車のための道路が整備されていないし、
歩道は 屋台や露店があって、自転車を乗るのは大変です。
よく外国人が バンコクの一般車道で自転車に乗っていますが、
よく怖くないものだと感心しています。

チェンマイあたりでは 富裕層の若者たちがマウンティンバイクで
サイクリングを楽しんでいますが、一般庶民とは無縁の遊びです。

細い路地の奥で、幼い子供たちが自転車に乗っていますが、
自転車に関心を持つのは、10歳ぐらいまでですね。
それ以降は 憧れは オートバイに移っていくようです。
2008-09-20 土 10:27:08 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自転車の情報
人気のあるスポットを検索してみたけど・・・結局それでおしまいでした。 自転車の... 2008-09-20 Sat 04:14:30 | 自転車の情報あります!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。