■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アジアの街角 1枚の写真から‐15 地球温暖化
アジアの街角 1枚の写真から‐15 地球温暖化

 バンコクのチャオプラヤ川の対岸のトンブリ地区には、今も水上交通の要を
 なしているいくつかの運河がある。
 その一つが、バンコク・ノーイ運河である。 
 人工的な運河というより、昔はこの運河がチャオプラヤ川の本流であり、
 それが、変化して、今のチャオプラヤ川の姿になったようだ。
 このバンコク・ノーイ運河には、多くの水上家屋がある。
 広々とした水路は、昔ながらのバンコクの情緒を感じさせてくれる。

 日本では、洞爺湖サミットで、エネルギー問題、2酸化炭素排出による地球温暖化、
 食糧危機の問題が話し合われた。
 マスコミは、これに乗じて、さまざまの特集を組んでいたが、サミットが終わって
 しまえば、こうした話題も段々取り上げられなくなり、下火になっている。
 話題性があれば、一時的に取り上げるが、持続的に丁寧に追いかけて取材するという
 息の長い取材の姿勢はない。
 この前、夜7時過ぎ、テレビを見ようと思って、テレビをつけると、主要な5つの
 テレビ局で、同じ時間帯に 料理番組を放映していた。
 いくらなんでも、これは異常である。

 今のように科学の進歩した世界であれば、今の世界の使用量から計算すれば、
 石油はあと何年持つ、地球温暖化による水位の上昇、今後の食料必要量の予測など、
 簡単にはじき出せると思うが、それらに対する具体的な数字ははっきりとした形では
 公表されない。
 国民に協力を要請するなら、どういう危機の野状況にあるのか、具体的な数値を
 示すべきだ。
 マスコミも感情論的に取り上げるのでなく、視聴者の納得のいく具体的な数値予測を
 上げながら、放映してもらいたいものだ。
 危機感をあおるだけでは、喉もと過ぎれば何とやらで、
 危機に対する感覚も麻痺してしまう。

 エネルギー問題、食料問題、地球温暖化の危機をあおりながら、
 相変わらず、消費を促している政府もマスコミも節操がない。

 海洋の水位が上がっていけば、東京も、バンコクも大きな打撃を受けるのは必須だ。
 バンコクはもともと低地であり、沼地であったところだ。
 水上家屋はいつの間にか、水中家屋になってしまうのだろう。

 ネパールでも氷河が溶け始め、周辺の村々が洪水の危機にさらされるように
 なっている。
 この氷河の溶けた水も最終的には海へと流れ出し、水位上昇の一役を演じている。

 各国首脳が 地球の危機を話し合った洞爺湖サミットであるが、
 国家の頂点に立つ彼らが、どこまでこの危機を理解しているのか、
 それすら感じられないような内容の結論だった。

 地球環境の危機より経済危機のほうが 彼らにとっては優先するようだ。
 国民を代表しているというより、企業を代表しているような姿勢である。
 もっと質素な生活をしましょうという経済を冷え込ませるような発言はなかった。

 地球温暖化を止めるには、少なくとも今までの消費一辺倒の生活を改めるより方法は
 ないのは明らかだ。
 今の贅沢な生活を改めることなく、危機が回避できると思っているとすれば、
 それこそ おめでたい。

 地球温暖化を生み出してきた金儲け主義一辺倒の大手企業には反省の色はなく、
 今度は 環境問題で 金儲けを企んでいる。
 彼らには 地球を救う、あるいは 地球温暖化防止のために 少しでも世の中のために
 という気持ちはない。
 各国政府が 企業を正しくコントロールする気がなければ、
 温暖化防止は 掛け声だけに終わってしまう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


アジアの街角 1枚の写真から | 07:38:24 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ミドリムシが地球を救う!?温暖化と食糧危機の切り札に クッキーも開発
 世界規模で直面している地球温暖化と食糧危機への手だてとして、ミドリムシを活用する研究が進んでいる。原生動物でありながら光合成をするミドリムシは二酸化炭素(CO2)の固定効率が高いだけでなく、人間に必要な栄養素のほとんどを作り出せる。東京のベンチャー企... 2008-09-17 Wed 23:52:34 | ニュース検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。