■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インドの布 野産ムガシルクで作ったシャツ
インドの布 野産ムガシルクで作ったシャツ 1

インドの布 野産ムガシルクで作ったシャツ 2

 インドには 野産シルクと言っても いくつかの種類がある。
 一時期 日本で騒がれたタッサシルクは、インドの真ん中に当たる
 マディアプラデェッシュあたりが 生産の中心地だし、
 アッサム州ではブレと呼ばれる野産シルク、
 ベンガル・ビハールの州境では、ムガと呼ばれる野産シルクを使って布を織る。

 このシャツとジャケットは インドのベンガル・ビハールの州境で織られた
 ムガシルク布で作った。
 シルク糸の持つそのままの自然の色を使って織り上げられた布である。

 自然の色の持つ味わいが感じられるなかなか素敵な布である。
 野産のシルク布は 総じて通気性があり、汗をかいても、養蚕シルクの布のように
 身体に張り付いてくると言うことがない。
 そのために暑い夏でも身につけることが出来る。

 カトマンズでは インド・ビハール州で織られる野産のムガシルクの布が
 簡単に手に入る。
 その上、インドで買うよりも安い。
 
 それはどうしてかというと、ビハールで織られたムガシルク布を デリー、コルカタ、
 ボンベイに送り、そこで展示し、売れ残った布が返品になり、困ったビハールの織元が
 その返品の布を カトマンズまで運び、安値で売りさばくためだ。
 普通シルク布は 織りの複雑さにもよるが、大抵は、1メートル織り上げるのに
 何グラムのシルクを使ったかで 値段は決まる。
 そのため、厚手のシルク布は どうしても値段が高くなるが、
 カトマンズにやってくるビハールの織元は、それとか関係なしに、売りさばく。
 そのために カトマンズのムガシルクの値段が インドより安くなるということが
 起こるのである。

 私が着るシルク布の服は すべて野産のシルクを使ったものだ。
 着心地、通気性、肌触りの良さを考えると、養蚕シルクのものは着る気に離れない。
 それと 洗濯用ネットにいれ、洗濯機で洗い、アイロンをかければいいという扱いの
 良さもいい。

 湿気の多い日本の気候には 実にあった布なのである。
 自然素材が健康にいいと叫ばれる昨今、是非 知ってもらいたい野産のシルク布だ。
 素朴にシンプルに着こなせるというのは、何にも増して嬉しい。
 
 そろそろ 名ばかりのブランド志向は おしまいにして、自分だけのファッションを
 楽しむこともいいように思う。
 ファッションも知性と個性が必要だ。
 右に倣え式のブランド志向は そろそろ卒業してもいいのでは。


++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ





インドの布 | 12:45:39 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
今日は。
仕事でタイに居たときは、イサーンの農夫が着るような服をよく買って
バンコックで着ていました。シルクや綿が主でしたね。やはり現地の
気候に合うのは、現地の布が一番だと思います。

野産のシルクは着たことがありませんが、通気性がいいというのは
分かるような気がします。
2008-09-11 木 15:01:13 | URL | machan [編集]
タイでは イサン地方は シルク・木綿の横絣が有名ですね。
それと藍の絣布です。

チェンマイだと 手紡ぎの木綿布がいいですね。
昔、サンダ・バシットという名の女性で 機織の名手がいて、
タイの小学校の教科書にも載っていました。

タイの場合は 養蚕シルク糸で シルク布を織るので、密度が高くなり、
夏には向きませんね。風通しのよくない布になります。

ラオスあたりだと 野産シルクがあるようです。
2008-09-11 木 16:56:14 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。