■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 運河の辺の街(04) 食べ歩き
バンコク 運河の辺の街(4) 食べ歩き 1

バンコク 運河の辺の街(4) 食べ歩き 2

バンコク 運河の辺の街(4) 食べ歩き 3

バンコク 運河の辺の街(4) 食べ歩き 4

 街に馴染みたかったら、
 まずはその街で売られている食べ物に手を出してみることだ。
 食べ物のある場所には、必ず人が集まる。
 よそ者が そこで何かを食べれば、噂に上る。
 そんなことを繰り返していけば、
 街の人もよそ者である私に 気を許すようになるだろう。

 路地で売られている昔風のタイのお菓子は、
 仏教徒の品のいいおばあさんが、手作りのものを売っている。
 これも買わなくてはならない。
 少し先に行けば、
 イスラム教徒の威勢のいいおばさんが揚げ物をあげている。
 これも買わなくてはならない。
 売られているものを買いながら、
 おしゃべりをしてみる。
 それも 私が安心できる人間であることの存在証明を得るためだ。

 時には この街で朝ごはんを食べることも大切だ。
 チョーク・サイ・カイ、鶏肉いりおかゆ、それに卵を一つ
 運河を通り過ぎていく水上バスを眺め、
 このおかゆを味わいながら、私もこの街に馴染んで行く。

 私はこの街で生活している人間ではないから、
 この街の人間にはなれない。
 しかし、邪魔にならないよそ者ぐらいにはなれるだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



バンコク 運河の辺の街 | 22:04:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。