■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク イスラム寺院と子供たち
バンコク イスラム寺院と子供たち 1

バンコク イスラム寺院と子供たち 2

バンコク イスラム寺院と子供たち 3

 カオサン通りを抜けると1本の別の通りにぶつかる。
 その通りの裏に 一つのイスラム寺院がある。
 その辺あたりは、イスラム教徒が住むと言われているが、
 実際には、かなり少数のイスラム教徒だけ住んでいるらしい。
 スンニ派のイスラム教徒で南タイのパッタニから、
 昔、やって来た人々のようだ。

 私だけの感覚かもしれないが、
 イスラム教徒にとっては、
 日本人である私は、はっきりとした異教徒であるだろうという緊張感があって、
 イスラム寺院は踏み込んではならない場所のように思えてしまう。
 酒は飲んではいけない、女は顔を隠し、男とは口を利かない、
 私にとっては、とても不自然なことのように思い、
 イスラム教を国教にする国には行く気にはなれない。

 バンコクにいても初めは、そんな傾向もあったが、
 バンコクのイスラム教徒について知るにつれて、
 親しみも持てるようになって来た。
 バンコクのイスラム教徒は
 私の持っているイスラム教徒のイメージを変える雰囲気を持っていた。
 まずは、女が表で生き生きと生活しており、自立していること、
 男も物腰が柔らかく、威圧的ではないこと、
 我々日本人の感覚からしても
 違和感を感じさせない生活をしていたことだ。

 そんなイスラム寺院の中で、
 子供たちが寺院の庭を遊び場にしていた。
 別にイスラム教徒の子供と言うわけでもなさそうだった。
 その姿を見て、タイのイスラム寺院は開かれていると思えた。

 その庭のベンチにイスラム教徒らしい外国人がいた。
 話をすると、パキスタン人だった。
 タイのイスラム教徒と違って、
 彼らには威圧感、違和感を感じてしまった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


タイのイスラム教徒 | 08:44:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。