■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
エピソード インド 思い出のコバラムビーチ
 コバラムビーチは ケララ州の州都 トリブヴァンドラムから
 バスで30分のところにあるこじんまりしたビーチだ。
 そこに1986年1月に訪れた。
 砂浜の後ろに、茅葺きのレストランが、並び、ビーチでは土地の子供たちが、
 果物を売り歩いていた。
 アラビア海の水は、冬でも暖かく、水に漬かっても、暖かく感じられるほどだった。
 旅行者は、少し大きな波を利用して、ボディサーフィンを楽しんでいた。

 当時は、旅行者の数も少なく、全部あわせても2,30人ぐらいだった。
 昼になると、思い思いに、ビーチのすぐ後ろにあるレスランで、昼食を取る。
 伊勢えびのサラダなど、値の張るものも遭ったが、貧乏旅行者、食べるのは、
 せいぜい、ムール貝のピラフが精一杯だった。
 隣では、ボンベイから遊びに来ていたインド人親子が、伊勢えびのサラダを
 食べていたのが癪だった。
 インド人でありながら、親子の会話は、英語だった。

 もともと、リゾート好みでない私は、もっぱら、周辺のビーチを歩き回ったものである。
 そこは、土地のインド人たちの生活場所であった。
 と同時に、砂浜は、彼らの朝のお勤めの場所、トイレでもあったのだ。
 砂に隠れた汚物は、気をつけようもなく、たびたび、踏みつけてしまったものだ。

 ビーチのすぐ上の丘に、白い灯台があり、そこから、水平線を眺めると、
 水平線が湾曲して見え、地球は丸いということ、実感させてくれた。
 すぐ隣のビーチに行くにしても、必ず、丘を登らなくてはならない。
 隣のビーチは、不思議なビーチであった。ビーチの片半分にイスラム教徒が住み、
 もう片半分にはキリスト教徒、後ろの丘にはヒンズー教徒が住むという奇妙な地域
 だった。

 そのビーチには、値段も安いということで、よく食事に行った。
 イドリー(米で作ったロティ)、魚のフライ、酸っぱいスープ、そんなものをよく食べた。
 さらにそのビーチを過ぎて、ビーチ沿いに歩いていると、伊勢えびを採っている漁師に出くわし、
 捕まえたばかりの伊勢えびを見せ、25ルピーで買わないかと
 持ちかけられたこともあったし、いきなり、中年の女性が 私に声をかけ、
 蒸したばかりのムール貝をご馳走してくれたこともあった。
 まだ、素朴なインドが、残っていたのである。

 浜ではよく地引網が引かれおり、旅行者にも参加させてくれたものだ。
 醤油と味噌でも持っていけば、豪華な魚介料理も満喫できるはずだ。

 あれから、20年以上経ってしまったのであるが、再び、行ってみたい気もするが、
 あの当時と同じ、想いをさせてくれるだろうかと心配のもなる。
 ケララ州の船旅も懐かしいな。

 インド旅行は、いつも新鮮な驚きを与えてくれる。
 ここしばらく インドには行っていないが、やはり 行きたくなる。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


エピソード | 01:38:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。